Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ロジテックの複数製品に脆弱性 - EOLのため利用中止を

ロジテックの複数ネットワーク製品に脆弱性が明らかとなった。アップデートの提供予定はなく、利用の中止が呼びかけられている。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、同社ネットワーク製品「LAN-WH450N/GR」「LAN-W300N/PR5B」「LAN-W300N/PGRB」「LAN-W300N/RS」に脆弱性が明らかとなったもの。製品によって影響は異なるが、あわせて8件の脆弱性が判明した。

共通脆弱性評価システム「CVSSv3.0」のベーススコアが高い脆弱性としては、OSコマンドインジェクションの脆弱性「CVE-2021-20638」「CVE-2021-20639」やバッファオーバーフローの脆弱性「CVE-2021-20635」が「6.8」。他脆弱性はいずれも「4.3」とレーティングされている。

いずれの製品もサポートがすでに終了しており、アップデートの提供予定はなく、製品の利用を中止するよう呼びかけられている。

CVE-2021-20635
CVE-2021-20636
CVE-2021-20637
CVE-2021-20638
CVE-2021-20639
CVE-2021-20640
CVE-2021-20641
CVE-2021-20642

(Security NEXT - 2021/02/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Drupal」のコアやモジュールに脆弱性 - 情報漏洩のおそれ
コラボレーションツール「Cisco Unified CM」に脆弱性
「Git」にアップデート、複数の深刻な脆弱性に対処
TP-Link製の一部ルータに深刻な脆弱性 - アップデート未提供
Oracle、「Java SE」や「Oracle GraalVM Enterprise Edition」の脆弱性を修正
「ManageEngine」の脆弱性、悪用が発生 - 侵害の有無についても確認を
オープンソースの仮想スイッチ「Open vSwitch」に複数脆弱性
Cisco製の小規模向け一部ルータに脆弱性、PoCも - EOLで修正予定なし
NVIDIA製メタバースツールキットに脆弱性 - アップデートで修正
「Apache HTTPD」にアップデート - 脆弱性3件を修正