Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

生活保護受給者の個人情報含むノートを紛失 - 大阪市

大阪市は、生活保護の受給に関する個人情報が記載されたノートを職員が紛失したことを明らかにした。

同市によれば、住吉区役所および住之江区役所に勤務する職員が、1月15日に本来持ち出す必要のない個人情報含むノートを持って外勤業務を行ったが、その際にノートを紛失したもの。

所在がわからなくなっているノートには、住吉区と住之江区で生活保護を受給中であったり、過去に受給を受けた44人に関する氏名、住所、年齢、調査内容などが記載されていた。

帰庁後に判明し、外勤の経路や区役所の駐輪場、事務室内などを捜索したが見つからず、同日警察へ届けた。同市では、対象となる受給者に対し、説明と謝罪を実施。訪問時に持ち出す個人情報が明確になるよう「外勤命令簿・個人情報持出管理簿」の様式を変更し、上長のチェックを徹底するとしている。

(Security NEXT - 2021/01/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

福祉センターで生活保護受給者の個人情報を誤送付 - 栃木県
生活保護受給者の個人情報含む書類を誤送付 - 大阪市
配布チラシに生活保護受給者の伝票が混入、共有複合機で - 生駒市
全住民情報を委託先が紛失、飲食後路上で眠り込みカバンなくす - 尼崎市
調査対象者や抗議文発信者の情報が漏洩、墨塗り不十分で - 大阪府
高齢者福祉サービスの利用者情報が流出、委託先に不正アクセス - 港区
行政文書開示請求者に個人情報を誤開示 - 生駒市
生活保護関係書類で誤印字、別世帯の個人情報 - 神戸市
生活保護受給者の個人情報が流出、市長宛に届く - 八潮市
生活保護受給者の複数記録簿が所在不明 - 八尾市