Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「sudo」に脆弱性「Baron Samedit」が判明 - root権限奪われるおそれ

異なるユーザー権限でコマンドを実行するためのプログラム「sudo」に、root権限の奪取が可能となる脆弱性が明らかとなった。開発者やセキュリティ機関ではアップデートを呼びかけている。

同プログラムにヒープバッファオーバーフローの脆弱性「CVE-2021-3156」が判明したもの。「sudo」の設定ファイル「sudoers」がシステムに存在する場合、ローカルユーザーは「sudoers」のリストに含まれているか関係なく、root権限の取得が可能だという。

同脆弱性は、Qualysの研究チームが発見、報告したもので、調整のもと公開された。今回の脆弱性に関連するコマンド「sudoedit」とブードゥー教の「サムディ男爵(Baron Samedi)」をもじって「Baron Samedit」との別名がつけられている。

脆弱性は、2011年以降リリースされた「同1.9.5p1」から「同1.9.0」までと「同1.8.31p2」から「同1.8.2」までに存在し、デフォルト設定で影響を受ける。悪用は確認されていない。

「sudoの」開発チームは、脆弱性を修正した「sudo 1.9.5p2」をリリースした。Qualysでは脆弱性の詳細について解説しており、コマンドラインより脆弱性の有無を調べる方法なども紹介している。

「実証コード(PoC)」は現段階で公開されていないが、JPCERTコーディネーションセンターは、詳細が公開されており、今後PoCが公開されたり、攻撃に悪用される可能性もあると指摘。アップデートなど対策を講じるよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2021/01/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Exchange Server」にゼロデイ攻撃 - アップデートは準備中、緩和策の実施を
「FFmpeg」に脆弱性、悪意あるmp4ファイルでコード実行のおそれ
OLAP対応データストアの「Apache Pinot」に脆弱性
機密情報管理の「HashiCorp Vault」に脆弱性 - アップデートを
「PHP 8.1.11/7.4.32」が公開に - 複数の脆弱性を解消
WAFルールセット「OWASP CRS」に深刻な脆弱性 - 「ModSecurity」とあわせて更新を
モジュール型WAF「ModSecurity」がアップデート - セキュリティ上の複数問題へ対処
Google、「Chrome 106」をリリース - セキュリティ関連で20件の修正
XMLパーサーのライブラリ「libexpat」に深刻な脆弱性
Forcepoint DLPにXXE脆弱性 - 複数製品に影響