Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

12月のDDoS攻撃、前月比29件増 - IIJ調査

インターネットイニシアティブ(IIJ)は、2020年12月に同社が観測したDDoS攻撃の状況を取りまとめた。前月から攻撃件数は増加し、より規模の大きい攻撃が観測されている。

同社のDDoS攻撃対策サービスで検知したDDoS攻撃の動向を取りまとめたもの。同月に観測された攻撃件数は539件で、前月の510件から29件増。1日あたり17.4件で、前月の17件を上回った。1日あたり5件から25件前後で推移しているが、同月23日は35件を超える攻撃が観測されている。

同月に観測されたもっとも規模が大きかった攻撃は、DNSプロトコルを用いたリフレクション攻撃で、約532万ppsのパケットにより、最大で56.56Gbpsのトラフィックが発生。約434万ppsのパケットにより43.23Gbpsのトラフィックが発生した前月より規模の大きな攻撃が見られた。

同月にもっとも長く継続した攻撃は「SYNフラッド攻撃」で32分にわたるものだった。同攻撃では最大で508.9Mbpsのトラフィックが発生している。

(Security NEXT - 2021/01/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2022年4Qインシデント件数は減少 - ウェブ改ざんなど減少
10月は9月同様の大規模DDoS攻撃は観測されず - IIJ調査
DDoS攻撃の観測件数が減少、一方で100Gbps超の攻撃も - IIJレポート
3Qのインシデント件数は減少 - サイト改ざんは増加
7月のDDoS攻撃、前月から微増 - IIJレポート
6月のDDoS攻撃は1割減、最大規模も大きく縮小 - IIJレポート
インフラ関係者9割超、サイバー攻撃による産業制御システムの中断を経験
2Qのインシデント、前期比約1.3倍に - フィッシングやスキャン行為が増加
5月はDDoS攻撃が微増、50Gbps超の攻撃も - IIJレポート
4月のDDoS攻撃は件数、最大規模ともに減少 - IIJレポート