Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

複数自治体で新型コロナ患者情報の誤送付が発生

新型コロナウイルス感染症に関する書類について誤送付する事故が複数の自治体で発生している。

大阪府の岸和田保健所では、新型コロナウイルス感染症に関連し、個人情報が記された書類の誤送付が発生した。

氏名や性別、生年月日、健康保険種別、病名、症状など含む「就業制限通知書」や「宿泊療養・自宅療養における医療費公費負担通知」の誤送付が発生したもの。

濃厚接触者と判明した際、陽性者の話をもとに検査表を作成。陽性判明後、あらかじめ作成していた検査票をもとにシステムへ入力して書類を発送したところ、誤った住所が入力されていたという。

また新潟県の同県医療調整本部においても、新型コロナウイルス感染症に関する「宿泊・自宅療養証明書」を誤った宛先に送付するミスが発生した。

1月21日に療養解除者2人に対して証明書を送付する際、書類を取り違えて異なる対象者に送付したもの。受信後に指摘があり、問題が判明。氏名や性別、生年月日、療養期間などが記載されていた。

また茨城県水戸市では1月26日に新型コロナウイルス感染症の患者情報を、同市記者クラブの加入10社宛てに誤ってファックスで送信するミスがあった。

誤送信の判明後、記者クラブに連絡に対して誤送信した書面の廃棄を依頼している。

(Security NEXT - 2021/01/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

新型コロナ自宅療養者の個人情報をFAX誤送信 - 世田谷保健所
ワクチン接種券付き予診票を誤送付 - 大阪市
PCR検査の受検者情報を委託先が紛失、その後回収 - 大阪府
公文書閲覧システムに個人情報を誤掲載 - 埼玉県
変異株陽性者の個人情報を県内自治体などへ誤送信 - 長野県
新コロ受入医療機関へのメールを送信ミス、返信でさらなる誤送信 - 大阪府
医療費助成の申請書類が文書交換便で所在不明に - 東京都
新型コロナ患者の個人情報をファックスで誤送信 - 名古屋市
カプコンへの不正アクセス、侵入経路は予備に残した以前のVPN機器
一部顧客情報が流出、委託先の中継サーバで窃取 - ホテルサンルート台北