Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Drupalにアップデート、ライブラリの脆弱性へ対処

コンテンツマネジメントシステム(CMS)である「Drupal」の開発チームは、サードパーティ製のライブラリに脆弱性が見つかったとしてアップデートを実施した。

同システムに含まれるサードパーティ製ライブラリ「Archive_Tar」において、「.tar」「.tar.gz」「.bz2」「.tlz」形式のファイルを扱う際に影響を受けるパストラバーサルの脆弱性「CVE-2020-36193」に対応したもの。

米国立標準技術研究所(NIST)の脆弱性データベース「NVD」による共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」において、同脆弱性のベーススコアは「7.5」で重要度は「高(High)」。

「Drupal」の開発チームは、脆弱性のリスクについて、5段階中2番目に高い「クリティカル(Critical)」とレーティング。脆弱性へ対処した「Drupal 9.1.3」「同9.0.11」「同8.9.13」「同7.78」を1月20日にリリースした。

(Security NEXT - 2021/01/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

狙われる「Telerik UI for ASP.NET AJAX」の既知脆弱性
「BIND 9」にサービス拒否の脆弱性 - アップデートが公開
macOS向けアップデート − 複数脆弱性を修正
「Chrome」にセキュリティアップデート - 複数脆弱性を修正
WordPress向けショッピングカートプラグインに脆弱性 - 任意のファイルを閲覧されるおそれ
VMwareのログ管理ツールに複数の深刻なRCE脆弱性
米政府、「ManageEngine」の脆弱性に対する攻撃に注意喚起
「GitHub Enterprise Server 3.7.4」が公開 - Gitの脆弱性に対処
Apple、アップデート「iOS 16.3」などを公開 - 複数脆弱性を修正
「Drupal」のコアやモジュールに脆弱性 - 情報漏洩のおそれ