Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Pepperl+FuchsやComtrolの制御機器に脆弱性 - ファームウェアの更新を

1月に入り、Pepperl+Fuchsの制御製品「IO-Link Masterシリーズ」において複数の脆弱性を修正するアップデートがリリースされたが、その後脆弱性の詳細や実証コードが公開されていることから、セキュリティ機関が注意喚起を行った。

同製品に関しては、クロスサイトリクエストフォージェリ(CSRF)の脆弱性「CVE-2020-12511」やクロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性「CVE-2020-12512」、コマンドインジェクションの脆弱性「CVE-2020-12513」などあわせて6件の脆弱性が明らかとなり、1月4日にアップデートがリリースされている。

脆弱性が悪用されると、リモートより機器の設定が変更されたり、root権限を持たないユーザーによって任意のコマンドをroot権限で実行されるおそれがあるという。

またJPCERTコーディネーションセンターによると、1月13日に脆弱性の報告者が詳細を発表。「実証コード(PoC)」も公開されているという。

国内では、Pepperl+Fuchs傘下のComtrolより同製品が展開されており、利用者に対して最新のファームウェアへ更新するとともに、ファイアウォールによる管理画面へのアクセス制御や十分な強度を持ったパスワードに利用など、注意を呼びかけている。今回明らかとなった脆弱性は以下のとおり。

CVE-2018-0732
CVE-2018-20679
CVE-2020-12511
CVE-2020-12512
CVE-2020-12513
CVE-2020-12514

(Security NEXT - 2021/01/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Apple、「macOS Big Sur」「iOS/iPadOS」のゼロデイ脆弱性を修正 - 今月2度目の更新
Arcadyan製ルータソフトに脆弱性 - バッファロー製品にも影響
Geutebrück製産業用ネットワークカメラに深刻な脆弱性
トレンドマイクロのエンドポイント製品に脆弱性 - すでに悪用も、早急に更新を
米英豪、悪用多い脆弱性トップ30件を公表 - 早急に修正を
PEARライブラリ「Archive_Tar」に脆弱性 - 「Drupal」などにも影響
「Chrome 92」で35件のセキュリティ修正
Oracle、四半期定例パッチを公開 - 脆弱性のべ342件を修正
「Windows」に権限昇格のゼロデイ脆弱性 - MSが詳細を調査
Linuxカーネルにroot権限を取得できる脆弱性 - 1Gバイト超のパス長処理で