Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Pepperl+FuchsやComtrolの制御機器に脆弱性 - ファームウェアの更新を

1月に入り、Pepperl+Fuchsの制御製品「IO-Link Masterシリーズ」において複数の脆弱性を修正するアップデートがリリースされたが、その後脆弱性の詳細や実証コードが公開されていることから、セキュリティ機関が注意喚起を行った。

同製品に関しては、クロスサイトリクエストフォージェリ(CSRF)の脆弱性「CVE-2020-12511」やクロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性「CVE-2020-12512」、コマンドインジェクションの脆弱性「CVE-2020-12513」などあわせて6件の脆弱性が明らかとなり、1月4日にアップデートがリリースされている。

脆弱性が悪用されると、リモートより機器の設定が変更されたり、root権限を持たないユーザーによって任意のコマンドをroot権限で実行されるおそれがあるという。

またJPCERTコーディネーションセンターによると、1月13日に脆弱性の報告者が詳細を発表。「実証コード(PoC)」も公開されているという。

国内では、Pepperl+Fuchs傘下のComtrolより同製品が展開されており、利用者に対して最新のファームウェアへ更新するとともに、ファイアウォールによる管理画面へのアクセス制御や十分な強度を持ったパスワードに利用など、注意を呼びかけている。今回明らかとなった脆弱性は以下のとおり。

CVE-2018-0732
CVE-2018-20679
CVE-2020-12511
CVE-2020-12512
CVE-2020-12513
CVE-2020-12514

(Security NEXT - 2021/01/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「EC-CUBE」に脆弱性、クレカ情報流出被害も - 早急に更新や攻撃有無の確認を
IoT機器や制御機器に用いるRTOSなどにRCE脆弱性「BadAlloc」
「VMware vRealize Business for Cloud」に深刻なRCE脆弱性
MTAの「Exim」に21件の脆弱性 - 最新版へ更新を
2009年以降のDell製端末のドライバに脆弱性 - アップデートが順次公開、未提供の場合も削除を
VR空間プラットフォーム「Hubs Cloud」に認証情報流出のおそれ
「Firefox」にセキュリティ更新 - Android版のみ影響する深刻な脆弱性も
「Samba」にサービス拒否や共有ファイルを削除される脆弱性
VPN製品「Pulse Connect Secure」にアップデート - ゼロデイ脆弱性など修正
「BIND 9」に3件の脆弱性 - RCEやDoS攻撃のおそれ