Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「SKYSEA Client View」のインストーラに脆弱性 - 最新版の利用を

資産管理製品「SKYSEA Client View」のインストーラに意図しないライブラリファイルを読み込む脆弱性が含まれていることがわかった。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、「SKYSEA Client View 16.001.01g」および以前のバージョンのインストーラにおいて検索パスに問題があり、意図しないライブラリファイルを読み込み、任意のコードが実行されるおそれがある脆弱性「CVE-2021-20616」が明らかとなったもの。

共通脆弱性評価システムである「CVSSv3」のベーススコアは「7.8」とレーティングされている。インストーラ利用時のみ影響があり、インストール済みの環境は同脆弱性の影響を受けない。

同脆弱性は、ラックの熊丸匠伍氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告したもので、JPCERTコーディネーションセンターが調整を実施した。

同社は脆弱性を修正したインストーラを提供しており、同社やセキュリティ機関では最新のインストーラを利用するとともに、インストーラを起動させる際は、同じディレクトリに不審なファイルがないことを確認するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2021/01/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Apache Tomcat」に脆弱性 - 2月までの更新で修正済み
SonicWallのVPN製品に複数の脆弱性 - アップデートが公開
米政府、「CVE-2022-26925」を緊急対応リストから一時削除 - DCへの影響で
「EC-CUBE」向けプラグイン「簡単ブログ for EC-CUBE4」に脆弱性
トレンド製「スマートホームスキャナー」のインストーラに脆弱性 - 最新版の利用を
Zyxel製品の深刻な脆弱性、4月に修正済み - 報告者がサイレントパッチの危険性を指摘
「BIG-IP」脆弱性に注意 - 実証コード公開済み、探索や悪用も
「Chrome 101.0.4951.64」がリリース - 13件のセキュリティ修正を実施
Adobe、「Framemaker」「InDesign」など5製品でセキュリティ更新
2021年に悪用多かった脆弱性トップ15 - 首位は「Log4Shell」、VPNも引き続き標的に