Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

緊急事態宣言にともなうキャンセルメールで誤送信 - NEXCO東日本

東日本高速道路は、ウインターシーズン向け割引パスの予約顧客に対するメールで送信ミスが発生し、メールアドレスが流出したことを明らかにした。

同社によれば、1月8日13時半ごろ、割引価格で高速道路が利用できる「ウィンターパス2021」の利用者に対し、緊急事態宣言発令にともなうキャンセルを知らせるメールを送信した際にミスが発生したもの。

最大50人を1グループとして送信した際、複数グループにおいて送信先のメールアドレスを誤って宛先に設定。あわせて顧客307人分のメールアドレスが他利用者に流出した。

同社では、対象となる顧客にメールで謝罪。誤送信したメールの削除を依頼している。

(Security NEXT - 2021/01/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

案内メールを「CC」送信、顧客のメアド流出 - 丹後瓦斯
教育実習予定者の情報をメールで誤送信、入力ミスで - 静岡県立高
メールに別人の氏名を記載、作成データにずれ - 大阪スポーツみどり財団
上下水道親子サポーターの登録完了メールを前年度登録者に誤送信 - 岡崎市
シンポジウム申込者宛のメールで誤送信 - 総合地球環境学研究所
「メール119番通報」のテストメールで誤送信 - 和泉市
メール誤送信でキャンペーン応募者のメアド流出 - キングレコード
医学部の合否メールを誤送信、受験者のメアド流出 - 東海大
統一地方選挙立候補予定者の個人情報を誤送信 - 四国放送
マイナカード申請予約システムに不具合、予約者情報を誤送信 - 堺市