Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「特別定額給付金」フィッシング、実際に誘導されるケースも

2020年に引き続き、2度目となる「緊急事態宣言」が発出されたが、「特別定額給付金」といった文言で誘惑するフィッシング攻撃に注意が必要だ。実際に誘導されるケースも複数確認されており、セキュリティベンダーでは警戒を強めている。

新型コロナウイルス感染症の拡大を受けて、政府は緊急事態宣言の再発令を決定、首都圏の1都3県では1月8日より対象期間に入った。再発令の発表が行われた1月7日の時点でフィッシング攻撃がすでに確認されており、日本サイバー犯罪対策センター(JC3)によって注意喚起が行われているが、実際に偽サイトへ誘導されてしまうケースも確認されている。

フィッシングメールは、総務省のウェブページを参考にしたと見られる「【重要】特別定額給付金(新型コロナウイルス感染症緊急経済対策関連)」といった件名で出回っている。誘導先のサイトは、従来同様に申請フォームを偽装。氏名や住所のほか、クレジットカード情報、証明書などの画像をだまし取っていた。

トレンドマイクロによると、同社クラウド基盤で同社製品ユーザーの動向を確認したところ、緊急事態宣言初日となった1月8日の11時時点で国内より58人のユーザーが、実際にフィッシングサイトへアクセスしようとしていたことがわかったという。情報が詐取されると、転売され、広く悪用されるおそれもあるとして注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2021/01/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

住信SBIネット銀行の利用者狙うフィッシングに注意
「フィッシング対策協議会」を装うフィッシング攻撃に注意
米政府、北朝鮮関連グループの攻撃に注意喚起 - 標的は暗号通貨やNFT関連
「NHK」のフィッシング - 「ネット登録必要」とだます手口
「ZOZOTOWN」装いクレカ情報だまし取るフィッシング
「mixi」をかたるフィッシング - 「アカウントの使用を制限」とだます
感染増加に便乗? 「偽コロナワクチンナビ」が再来
au装うフィッシング - 誘導に「Google翻訳」を悪用するケースも
「FamiPay」装うフィッシングメール - 「緊急連絡」「本人確認」など件名さまざま
「出前館」のフィッシング攻撃に注意 - 「自動退会処理」と不安煽る手口