Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Microsoft Edge 87.0.664.75」がリリース - 脆弱性13件を修正

マイクロソフトは、同社が提供するブラウザ「Microsoft Edge」のChromiumベース版において、最新となる「同87.0.664.75」をリリースした。

今回のアップデートは、「Chromium 87.0.4280.141」がベースとなっており、あわせて13件の脆弱性が修正されている。重要度は4段階中2番目にあたる「高(High)」とレーティングされている。

なお、「Chromium 87.0.4280.141」がベースとなるアップデートとして、Googleからも「Chrome 87.0.4280.141」が「Windows」「macOS」「Linux」向けにリリースされている。

今回修正された脆弱性は以下のとおり。

CVE-2020-15995
CVE-2020-16043
CVE-2021-21106
CVE-2021-21107
CVE-2021-21108
CVE-2021-21109
CVE-2021-21110
CVE-2021-21111
CVE-2021-21112
CVE-2021-21113
CVE-2021-21114
CVE-2021-21115
CVE-2021-21116

(Security NEXT - 2021/01/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「BIG-IP」脆弱性に注意 - 実証コード公開済み、探索や悪用も
「Chrome 101.0.4951.64」がリリース - 13件のセキュリティ修正を実施
Adobe、「Framemaker」「InDesign」など5製品でセキュリティ更新
2021年に悪用多かった脆弱性トップ15 - 首位は「Log4Shell」、VPNも引き続き標的に
MS、5月の月例パッチで脆弱性73件に対処 - ゼロデイ脆弱性を修正
「Magnitude Simba」のODBCドライバなどに脆弱性
富士通製のセキュリティ帯域制御製品に深刻な脆弱性
「OpenSSL」に4件の脆弱性 - アップデートが公開
「Cisco NFVIS」に深刻な脆弱性 - ゲストVMよりホスト乗っ取りのおそれ
「Firefox 100」が公開 - 機能強化や脆弱性修正を実施