Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PHPにセキュリティ更新 - 「PHP 7.4.14」「同7.3.26」が公開

PHPの開発チームは、セキュリティアップデートとなる「PHP 7.4.14」「同7.3.26」をリリースした。

両バージョンにおいて、入力がURLであるか確認する「FILTER_VALIDATE_URL」関数において明らかとなった脆弱性「CVE-2020-7071」に対応した。

さらに「同7.4.14」では、インテグラオーバーフローやPHPがクラッシュする脆弱性など複数の修正を実施。開発チームでは、「同7.4系」「同7.3系」の利用者に対してアップデートを推奨している。

またあわせて「同8.0.1」を公開した。開発チームでは、バグ修正のためのリリースとしており、セキュリティアップデートとの位置づけではないが、同じく「CVE-2020-7071」やインテグラオーバーフローの修正などを実施している。

(Security NEXT - 2021/01/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

MS、2021年最初の月例セキュリティパッチを公開 - 一部で悪用も
「SKYSEA Client View」のインストーラに脆弱性 - 最新版の利用を
「Photoshop」など7製品に脆弱性 - Adobeがアップデート実施
「Microsoft Edge 87.0.664.75」がリリース - 脆弱性13件を修正
脆弱性に対処した「Thunderbird 78.6.1」をリリース
NVIDIAのGPUドライバに複数脆弱性 - vGPUソフトウェアにも
「Firefox」に深刻な脆弱性 - Android版にも影響
「Chrome 87.0.4280.141」が公開 - セキュリティに関する16件の修正を実施
ウェブセキュリティ製品に複数脆弱性 - トレンド
NEC製サーバの監視インタフェースに脆弱性 - 「IPMI over LAN」の利用停止を