Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正アクセス受け「なりすましメール」 - あいちトリエンナーレ

国際芸術祭「あいちトリエンナーレ」のメール配信システムが不正アクセスを受け、「なりすましメール」が送信されたことがわかった。登録者情報が流出した可能性もあるという。

あいちトリエンナーレ実行委員会によれば、登録者へニュースを配信するメールシステムが不正アクセスを受けたもので、1月4日3時ごろに「なりすましメール」が送信された。

問題の「なりすましメール」では、「1月3日」に公式サイトが攻撃を受け、金銭を要求する犯行声明が送りつけられたなどと説明。会員の個人情報が流出したおそれがあるなどと記載されていた。「なりすましメール」には関係者に見せかけて、無関係の氏名なども記載されていたという。

同委員会では、メール配信システムを一時停止。登録者に対してメールで注意喚起を実施した。同システムには、約3500件の登録があり、同委員会では実際に「なりすましメール」が送信された件数について確認を進めるとともに、氏名などの登録名やメールアドレスといった個人情報が流出した可能性もあるとして、対応を検討している。

(Security NEXT - 2021/01/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

業務システムで顧客情報流出の可能性、サイトは再開 - アダストリア
不正アクセスで顧客情報流出の可能性 - 石油販売会社
通販サイトでクレカ情報流出、リニューアル前に判明 - 化粧品会社
医療従事者向け求人サイトにサイバー攻撃 - 個人情報が流出
宅食サービス会社がランサム被害 - 顧客情報流出の可能性も
食品通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
職員の複数アカウントに不正アクセス - 奈良県立医科大
複数アパレル通販サイトが不正アクセス被害 - 一部サイトの脆弱性から拡大
159サイトを運用するサーバに不正プログラム、CMSを侵害か - 山形大
2要素認証の除外アカウントに大量の不正ログイン - 熊本県立大