Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ふるさと納税関連書類を誤送付、封入ミスで - 雨竜町

北海道雨竜町は、他人の個人情報が記載されたふるさと納税関連書類を送付するミスがあったことを明らかにした。

同町によれば、委託事業者において寄付金受領証明書やワンストップ特例申請書を送付する際、封入する書類にミスがあったもの。誤送付の可能性があるのは12月21日に発送した311件で、詳しい原因を調べている。

同町では、関係者へ電話で連絡を取るとともに、書類の記載内容が自身のものではなかった場合は、同町まで連絡を取るよう求めている。

(Security NEXT - 2020/12/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メールシステム不具合で情報流出や多重送信が発生 - ドライフルーツ販売店
メール誤送信でボランティア参加者のメアド流出 - 富山県
「一斉送信機能」がメール誤送信の原因に - 諏訪市
Gmailメアドをスペルミス、個人情報が流出 - 京都市立芸術大
顧客向けのメールで誤送信、メアドが流出 - フタバ図書
デジタル庁でメール誤送信、報道関係者のメアドが受信者間に流出
通知メール誤送信で介護保険事業者のメアド流出 - 津市
資料のメール送信時に講座参加者のメアドが流出 - 滋賀県産業支援プラザ
住所移転の案内メールを誤って「CC」送信 - BOSCH関連会社
高校で誤送信、学校説明会申込者の一部メアドを宛先に - 大阪府