Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

クラウド設定ミスで顧客情報が流出 - 楽天グループ3社

楽天、楽天カード、楽天Edyの3社において、クラウドサービス上に保存していた顧客情報が一時外部よりアクセスできる状態にあり、一部が外部へ流出したことがわかった。

3社において、2016年1月15日以降、営業管理に用いていた外部クラウドサービスの設定にミスがあり、外部よりアクセスが可能となっていたもの。11月24日に外部より指摘があり問題が判明した。

アクセスの状況を確認したところ、海外からアクセスを受けており、一部が流出したことも明らかとなった。

楽天では「楽天市場」における法人向けの資料請求者や店舗情報で出店見込や契約する事業者に関する最大138万1735件がアクセスできる状態に置かれていた。

企業名、店舗名、住所、代表者名、担当者名、電話番号、ファックス番号、メールアドレス、営業対応情報が含まれており、208件については12月25日の時点で実際のアクセスが確認されているという。

(Security NEXT - 2020/12/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ディスクユニオンで個人情報約70万件流出の可能性 - パスワードなども
問合システムにブラインドSQLi攻撃、メアド流出の可能性 - 名古屋大
顧客情報記載の書類が所在不明、誤廃棄の可能性 - 広島県信用組合
尼崎市全住民の個人情報入りUSBメモリ、カバンごと発見される
公開議事録の個人情報、墨塗りするも確認できる状態 - 東京都
傘下3行で顧客情報含む帳票約4万件を紛失 - 山口FG
「Emotet」感染、なりすましメールに注意喚起 - 都築電気
特定日の戸籍証明書交付申請書が所在不明に - 枚方市
富士通クラウドサービスへの攻撃 - 侵入の痕跡見つかる
スニーカーフリマアプリで個人情報275万件が流出か