Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Cloudflareのゼロトラストサービスでポリシーのバイパス可能となる脆弱性

Cloudflareが提供する「ゼロトラストサービス」において、クライアントよりポリシーのバイパスが可能となる脆弱性が明らかとなった。

クライアントソフト「WARP」のコマンドラインインタフェースよりサブコマンドを使用することで、ポリシーのバイパスが可能となる脆弱性「CVE-2022-3320」が判明したもの。

サービスへ接続されていない端末よりコマンドを実行すると、ゼロトラストサービスへ登録された端末の管理制限をバイパスすることができる。

Cloudflareでは、共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアを「6.7」、重要度を「中(Medium)」としている。一方、米国立標準技術研究所(NIST)の脆弱性データベース「NVD」では、CVSS基本値を「9.8」、重要度を「クリティカル(Critical)」とした。

9月にリリースされた「同2022.8.857.0(Windows)」「同2022.8.861.0(macOS)」「同2022.8.936(Linux)」にて修正済みだという。

(Security NEXT - 2022/11/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

21店舗で顧客情報の紛失や誤廃棄が判明 - 福岡ひびき信金
「Chrome」にゼロデイ脆弱性 - 前回ゼロデイ対応から1週間強で
「制御システムセキュリティカンファレンス」の参加者募集がスタート
Ubuntuに権限昇格の脆弱性 - 詳細情報も公開
会員管理システムにサイバー攻撃、情報流出の可能性 - 日本栄養士連盟
米政府、ソフトウェアサプライチェーン保護のガイダンスを公開
Zohoのアクセス関連製品に複数のSQLi脆弱性
W杯関係者を狙うサイバー攻撃、10月より大幅増加
研究者狙うサイバー攻撃、講演や取材の依頼を偽装
職業訓練生が教室に置き去られた名簿をスマホ撮影 - 群馬県