Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Treck製「TCP/IPスタック」に複数脆弱性 - リモートよりコード実行されるおそれ

Treckが提供する「TCP/IPスタック」に複数の脆弱性が存在することがわかった。脆弱性を悪用されると、リモートよりコードを実行されたり、サービス拒否に陥るおそれがある。

「同6.0.1.67」および以前のバージョンにあわせて4件の脆弱性が判明したもの。「CVSSv3」のベーススコアが「9」以上とされる脆弱性が2件含まれる。

なかでも「Treck HTTP Server」のコンポーネントに含まれるバッファオーバーフローの脆弱性「CVE-2020-25066」は、細工したパケットによりリモートより任意のコードを実行されたり、DoS攻撃を受けるおそれがある。共通脆弱性評価システム「CVSSv3」のベーススコアは、最高値10のところ「9.8」と評価されている。

一方、「CVE-2020-27337」はIPv6コンポーネントにおいて域外のメモリへ書き込みが可能となる脆弱性。サービス拒否を引き起こすおそれがあり、「CVSSv3」のベーススコアは「9.1」とレーティングされている。

あわせて域外のメモリを読み取りが可能となる「CVE-2020-27338」「CVE-2020-27336」も明らかとなった。サービス拒否や情報漏洩が生じるおそれがある。

報告を受けたTreckでは脆弱性を修正した「同6.0.1.68」をリリースした。セキュリティ機関ではアップデートを呼びかけるとともに、アップデートできない場合は、ファイアウォールによって細工されたパケットを遮断するよう緩和策の実施を呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/12/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Google、「Chrome 103」をリリース - 重要度「クリティカル」の脆弱性に対処
脆弱性1件を修正した「Microsoft Edge 103.0.1264.44」が公開に
2022年における危険な脆弱性タイプのトップ25が明らかに
国家関与の攻撃グループ、早期より「VMware Horizon」「UAG」の「Log4Shell」を標的に
「Cisco ESA」などに深刻な脆弱性 - 認証バイパスのおそれ
「Comodo Antivirus」に脆弱性の指摘 - 研究者が公開
Mozilla、最新ブラウザ「Firefox 102」をリリース - 脆弱性19件を修正
HPE Crayスーパーコンピューターに深刻な脆弱性 - アップデートで修正
MS、「Microsoft Edge 103.0.1264.37」で独自修正した脆弱性を追加 - 評価の逆転現象も
独自の脆弱性修正含む「Microsoft Edge 103.0.1264.37」が公開