Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SolarWinds製品の侵害、米国中心に検出 - 国内でも

IT管理製品「SolarWinds Orion Platform」に対し、国家が関与したと見られるサイバー攻撃が行われた問題で、米国を中心にマルウェアが検知されており、国内においても報告が寄せられているという。

一連の攻撃では、アップデート機能を悪用されて正規署名を含むプラグインをトロイの木馬化した「SUNBURST」、別名「Solorigate」とも名付けられたマルウェアが配置される。

トレンドマイクロによれば同社製品の利用者よりクラウド基盤に対して同ファイルの検出情報が寄せられているという。検出地域を見ると、12月16日17時の段階で米国が53%と約半数を占めており、カナダが9%、アルゼンチンが7%、イギリスが6%で続いた。

さらにオーストラリアを含めた上位5カ国で79%を占めているが、21%はそれ以外の国や地域で数は少ないものの、日本国内における検出も確認されているという。

同社をはじめ、セキュリティベンダーの各製品においても同マルウェアへの対応が進んでおり、マイクロソフトにおいても「Microsoft Defender」による検知が可能となっている。

しかしながら、今回の問題では侵害が確認された場合、脆弱性の修正や同マルウェアの隔離などは対応の入り口に過ぎない。機器で利用するアカウントをはじめ、内部ネットワークに対する侵害状況などを調査し、復旧を図る必要がある。

(Security NEXT - 2020/12/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

米英豪、悪用多い脆弱性トップ30件を公表 - 早急に修正を
米同盟やEU、中国支援のサイバー攻撃を批判 - 関係者の訴追も
日本も攻撃対象、中国関与の攻撃活動を非難 - 外務報道官談話
登録セキスペ向け「特定講習」の受講受付を開始 - NICT
米政府、サイバー空間の「バッドプラクティス」をリスト化
2021年度春期の登録セキスペ試験、2306人が合格 - 合格率21.2%
米NSA、セキュアなオンライン会議を導入するためのガイダンス
脆弱性の連鎖、「Nagios」の集中管理環境全体が掌握されるおそれ
Bluetoothに複数の脆弱性、なりすましや中間者攻撃のおそれ
「Pulse Connect Secure」のゼロデイ攻撃に中国支援組織が関与か - FireEye指摘