Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NISC、「SolarWinds Orion Platform」の脆弱性で注意喚起

内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)は、SolarWindsが提供するIT管理製品「SolarWinds Orion Platform」に脆弱性が見つかった問題で、政府機関に対して注意喚起を行った。

公開情報をもとに12月14日に政府機関に対して注意喚起を行ったことを明らかにしたもの。セキュリティベンダーから攻撃情報も公開されているとし、注意を促した。

SolarWindsでは、米時間12月16日に脆弱性へ対処する追加のホットフィクス「同2020.2.1 HF 2」をリリースし、対応を呼びかけている。

今回の脆弱性に関して米国では、国土安全保障省のサイバーセキュリティインフラストラクチャセキュリティ庁(CISA)が緊急指令を発出。連邦政府機関に対して、同製品の遮断や停止を求め、再接続を禁止するなど、かなり踏み込んだ対応を命じている。

(Security NEXT - 2020/12/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

トレンドマイクロのエンドポイント製品に脆弱性 - すでに悪用も、早急に更新を
米英豪、悪用多い脆弱性トップ30件を公表 - 早急に修正を
PEARライブラリ「Archive_Tar」に脆弱性 - 「Drupal」などにも影響
「Chrome 92」で35件のセキュリティ修正
Oracle、四半期定例パッチを公開 - 脆弱性のべ342件を修正
「Windows」に権限昇格のゼロデイ脆弱性 - MSが詳細を調査
Linuxカーネルにroot権限を取得できる脆弱性 - 1Gバイト超のパス長処理で
「Citrix ADC」や「Citrix Gateway」に複数脆弱性 - 認証回避のおそれ
Adobeの複数製品に深刻な脆弱性 - 定例外でパッチ公開
「FortiManager」「FortiAnalyzer」に脆弱性 - root権限でコード実行のおそれ