Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NEC製セキュアプライアンスに複数脆弱性 - 3月の更新で修正済み

NECプラットフォームズが提供する中小企業向けセキュリティアプライアンス「Aterm SA3500G」に複数の脆弱性が含まれていることがわかった。脆弱性に対処したアップデートを3月にリリースしており、同バージョン以降へ更新するよう呼びかけている。

同製品のファームウェアに「OSコマンドインジェクション」の脆弱性「CVE-2020-5635」「CVE-2020-5636」や、ダウンロードファイルにおける検証不備の脆弱性「CVE-2020-5637」などが明らかとなったもの。

3件の脆弱性のうち、「CVE-2020-5635」については、共通脆弱性評価システム「CVSSv3」のベーススコアが「8.8」ともっとも高く、同製品へアクセスできる第三者によって、細工されたリクエストにより任意のコマンドを実行されるおそれがある。

他脆弱性は、悪用にあたって管理ページにログインする必要があり、CVSS値はいずれも「6.8」とレーティングされている。

「CVE-2020-5635」はラックの吉越舟氏、「CVE-2020-5636」「CVE-2020-5637」についてはラックの平井成海氏が3月に情報処理推進機構(IPA)へ報告したものでJPCERTコーディネーションセンターが調整を実施した。

同社は3月31日にリリースしたファームウェア「バージョン3.5.12」にてこれら脆弱性を修正しており、同バージョン以降を利用するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/12/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Google、「Chrome 103」をリリース - 重要度「クリティカル」の脆弱性に対処
脆弱性1件を修正した「Microsoft Edge 103.0.1264.44」が公開に
2022年における危険な脆弱性タイプのトップ25が明らかに
国家関与の攻撃グループ、早期より「VMware Horizon」「UAG」の「Log4Shell」を標的に
「Cisco ESA」などに深刻な脆弱性 - 認証バイパスのおそれ
「Comodo Antivirus」に脆弱性の指摘 - 研究者が公開
Mozilla、最新ブラウザ「Firefox 102」をリリース - 脆弱性19件を修正
HPE Crayスーパーコンピューターに深刻な脆弱性 - アップデートで修正
MS、「Microsoft Edge 103.0.1264.37」で独自修正した脆弱性を追加 - 評価の逆転現象も
独自の脆弱性修正含む「Microsoft Edge 103.0.1264.37」が公開