Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ルータ向けLinuxディストロにRCE脆弱性 - 修正版は未提供

ルーターやファイアウォールなどの機能を提供するLinuxディストリビューション「ZeroShell」に、リモートよりコマンドの実行が可能となる深刻な脆弱性が明らかとなった。最新版も影響を受けるとされており、注意が必要だ。

CGI処理にコマンドインジェクションの脆弱性「CVE-2020-29390」が明らかとなったもの。ウェブインタフェースへアクセスできる攻撃者によって認証なしにコマンドを実行されるおそれがある。

米国立標準技術研究所(NIST)の脆弱性データベース「NVD」では、共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアが「9.8」、重要度が「クリティカル(Critical)」とレーティングされている。

脆弱性を発見した研究者は、過去の脆弱性について調査したところ、今回の脆弱性を発見したと説明。2019年8月4日にリリースされた最新版となる「同3.9.3」についても影響を受けると指摘している。

「Zeroshell」に関しては、7月ごろより既知の脆弱性「CVE-2019-12725」を狙った攻撃が増加。国内でも攻撃パケットが観測されている

(Security NEXT - 2020/12/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Cisco SD-WAN vManage」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開
一部シスコ製小規模向けVPNルータに深刻なRCE脆弱性
制御システム監視制御ソフト「ScadaBR」に脆弱性
「Aruba Instant」に複数の深刻な脆弱性
「ClamAV」にセキュリティアップデート - 脆弱性4件を修正
Proofpointの「Insider Threat Management」に複数脆弱性 - アップデートがリリース
「SAP」を狙うサイバー攻撃、事業停止のリスクも - 利用企業は早急に確認を
米政府、Fortinet製品利用者に注意喚起 - 3月よりAPT攻撃を観測
クラウドのワークロード向け「Carbon Black」に深刻な脆弱性
米政府、「Exchange脆弱性」対策で追加指令 - スキャンや対策強化など要請