Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ルータ向けLinuxディストロにRCE脆弱性 - 修正版は未提供

ルーターやファイアウォールなどの機能を提供するLinuxディストリビューション「ZeroShell」に、リモートよりコマンドの実行が可能となる深刻な脆弱性が明らかとなった。最新版も影響を受けるとされており、注意が必要だ。

CGI処理にコマンドインジェクションの脆弱性「CVE-2020-29390」が明らかとなったもの。ウェブインタフェースへアクセスできる攻撃者によって認証なしにコマンドを実行されるおそれがある。

米国立標準技術研究所(NIST)の脆弱性データベース「NVD」では、共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアが「9.8」、重要度が「クリティカル(Critical)」とレーティングされている。

脆弱性を発見した研究者は、過去の脆弱性について調査したところ、今回の脆弱性を発見したと説明。2019年8月4日にリリースされた最新版となる「同3.9.3」についても影響を受けると指摘している。

「Zeroshell」に関しては、7月ごろより既知の脆弱性「CVE-2019-12725」を狙った攻撃が増加。国内でも攻撃パケットが観測されている

(Security NEXT - 2020/12/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Google、「Chrome 103」をリリース - 重要度「クリティカル」の脆弱性に対処
脆弱性1件を修正した「Microsoft Edge 103.0.1264.44」が公開に
2022年における危険な脆弱性タイプのトップ25が明らかに
国家関与の攻撃グループ、早期より「VMware Horizon」「UAG」の「Log4Shell」を標的に
「Cisco ESA」などに深刻な脆弱性 - 認証バイパスのおそれ
「Comodo Antivirus」に脆弱性の指摘 - 研究者が公開
Mozilla、最新ブラウザ「Firefox 102」をリリース - 脆弱性19件を修正
HPE Crayスーパーコンピューターに深刻な脆弱性 - アップデートで修正
MS、「Microsoft Edge 103.0.1264.37」で独自修正した脆弱性を追加 - 評価の逆転現象も
独自の脆弱性修正含む「Microsoft Edge 103.0.1264.37」が公開