Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ポータルサイト「長崎原爆の記憶」が改ざん被害 - 長崎市

長崎市が提供するポータルサイト「長崎原爆の記憶」が不正アクセスを受けたことがわかった。同市は同サイトの公開を一時停止し、調査を進めている。

長崎の原爆に関する資料の検索サービスやリンク集などを提供するポータルサイト「長崎原爆の記憶」が不正アクセスを受け、何者かに改ざんされる被害が発生したもの。

12月3日17時ごろ、同サイトに意図しない英文や特定のプログラムをダウンロードさせるリンクが追加されていることに職員が気が付き、同日23時ごろにサイトを停止した。

不正アクセスを受けた原因などについて調査を進めているが、具体的な復旧の見込みは立っていないという。

同市では、同サイトへのリンクを設置していたウェブサイト「平和・原爆」内の「平和・原爆総合ページ」についても、被害は確認されていなかったものの大事をとって翌4日に公開を停止。その後、セキュリティ対策を強化し、同ページの安全性を確認できたとして、12月5日11時より公開を再開している。

(Security NEXT - 2020/12/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

海外拠点経由で不正アクセス、情報流出の可能性 - 川崎重工
カー用品のネット通販でクレカ情報が流出 - 2019年に判明
ネット専用プリペイドカード「Vプリカ」のアプリに不正アクセス
不正アクセスで顧客情報約8.8万件が被害か - 保険代理店
「EXILE TRIBE」の公式通販サイトでクレカ情報流出 - 一部不正利用も
「Google Play」の一部公開アプリが固有ID情報を取得 - Palo Altoが指摘
新潟ご当地グルメの通販ショップに不正アクセス
サーバに不正アクセス、最大65万件の情報流出か - 東建コーポ
複数通販サイトのクレカ情報流出、被害規模が判明 - JIMOS
「ドコモ口座」の一部利用者に対して本人確認実施 - NTTドコモ