Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ポータルサイト「長崎原爆の記憶」が改ざん被害 - 長崎市

長崎市が提供するポータルサイト「長崎原爆の記憶」が不正アクセスを受けたことがわかった。同市は同サイトの公開を一時停止し、調査を進めている。

長崎の原爆に関する資料の検索サービスやリンク集などを提供するポータルサイト「長崎原爆の記憶」が不正アクセスを受け、何者かに改ざんされる被害が発生したもの。

12月3日17時ごろ、同サイトに意図しない英文や特定のプログラムをダウンロードさせるリンクが追加されていることに職員が気が付き、同日23時ごろにサイトを停止した。

不正アクセスを受けた原因などについて調査を進めているが、具体的な復旧の見込みは立っていないという。

同市では、同サイトへのリンクを設置していたウェブサイト「平和・原爆」内の「平和・原爆総合ページ」についても、被害は確認されていなかったものの大事をとって翌4日に公開を停止。その後、セキュリティ対策を強化し、同ページの安全性を確認できたとして、12月5日11時より公開を再開している。

(Security NEXT - 2020/12/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

矢野経済研究所に不正アクセス - SQLi攻撃でアカウント情報が流出
ランサム被害の鳴門山上病院、通常診療を再開
FRONTEO米子会社、複数サーバがランサム被害 - メールシステム脆弱性を悪用か
サイト改ざんで迷惑メール送信の踏み台に - リサイクル事業者
農業用品メーカーサイトで情報流出 - 診断で異常発見、被害認知に時間要す
「スイーツパラダイス」の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出、不正利用のおそれ
看護関係者向け会員サイトにPWリスト攻撃 - P不正交換も
和菓子通販サイトでクレカ情報流出 - 悪用された可能性
不正アクセスでオンライン囲碁サービスが一時停止
東映アニメの障害、原因はランサム - ソフトダウンロード契機に攻撃展開