Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Fortinet製VPN使う脆弱なホスト情報が公開 - 平文パスワードなども

「FortiOS」について脆弱性を受ける状態で利用している場合は、攻撃の対象となるおそれもあるとして同センターでは警鐘を鳴らしている。

また同製品に関しては、「CVE-2018-13382」「CVE-2018-13383」など別の脆弱性についても実証コードや、脆弱性の詳細が公表されていると指摘。製品のアップデートなど対策を促した。

意図しないユーザー登録やログによる不正な認証の確認、VPNを通じてアクセス可能なネットワークやドメインコントローラーへの侵害などがないか調査を行い、侵害状況を確認するよう求めている。

すでに攻撃を受けていた場合は、脆弱性の解消だけでは再び窃取された認証情報で「SSL VPN」により接続されるおそれがあると危険性を指摘。ユーザーアカウントのパスワードを変更といった対策も講じるよう求めている。

(Security NEXT - 2020/11/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

VR空間プラットフォーム「Hubs Cloud」に認証情報流出のおそれ
MTAの「Exim」に21件の脆弱性、PoCも公開 - パッチ適用を
「Firefox」にセキュリティ更新 - Android版のみ影響する深刻な脆弱性も
「Samba」にサービス拒否や共有ファイルを削除される脆弱性
VPN製品「Pulse Connect Secure」にアップデート - ゼロデイ脆弱性など修正
「BIND 9」に3件の脆弱性 - RCEやDoS攻撃のおそれ
QNAPのバックアップソリューション「HBS 3」に深刻な脆弱性
Google、「Chrome 90.0.4430.93」をリリース - 9件のセキュリティ修正を実施
都の医療従事者向け「ワクチン接種予約システム」に複数不具合
Apple、「iOS 14.5」をリリース - 脆弱性50件を修正