Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

電子お薬手帳サービス「おくすり手帳Link」で一時障害

NTTドコモの電子お薬手帳サービス「おくすり手帳Link」で一時障害が発生した。現在は復旧している。

同サービスは、服薬の管理や調剤の依頼など行えるアプリ。同社が2016年より提供しているもので、一般利用者に提供するスマートデバイス向けアプリと薬局向けシステムで構成されている。

同社によれば、11月25日6時ごろから同アプリを利用しにくい状況だったが、同日23時ごろ、利用できない状態に陥った。ソフトウェアの不具合が原因だという。

同社は同月26日20時ごろにサービスを再開。引き続きシステムを監視するとしている。

(Security NEXT - 2020/11/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

複数自治体が利用する自治体情報セキュリティクラウドで一時障害
WDB HDがランサム被害 - メールやファイルサーバで障害
一部5G回線で一時ネットを利用しづらい状態に - NTTドコモ
KDDIの通信障害、約2日半ぶりにほぼ復旧
即時口座開設システムで障害、一部本人確認画像など破損 - セブン銀
自治体向けSaaSでデータ消失、最大257団体に影響 - 同期操作のミスで
教育機関向け通販サイトに不具合 - 入金確認SMSを誤送信
決済サービス「d払い」などで「3Dセキュア」が一時利用不能に
「e-Tax」の接続障害、原因はDB処理のパフォーマンス低下
ニップン、決算提出期限を延長申請 - 約9割のシステムに被害、帳票処理が手作業に