Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正アクセスで虎の門病院サイトが閲覧不能に - 電子カルテに影響なし

虎の門病院や関連医院のウェブサイトが不正アクセスにより閲覧できない状態となっている。原因は明らかにしていないが、電子カルテへの影響については否定している。

国家公務員共済組合連合会によれば、11月11日に不正アクセスを受けたもの。これに起因し、虎の門病院のほか、虎の門病院分院、虎の門病院さいたま診療所、虎の門病院横浜第2合同庁舎診療所などのウェブサイトが11月7日の時点で閲覧できない状態となっている。

電子カルテシステムについては、不正アクセスを受けたウェブサイトと分離しており、電子カルテに記録された患者に関する個人情報の流出については否定している。

同院では原因について調査を進めているが、「現在対応中で詳細がわかっておらず、取材を受けることはできない(同院担当者)」として、コメントは得られなかった。

(Security NEXT - 2020/11/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

公共施設予約システムへの不正ログイン試行で告訴 - 川崎市
建築関係者向け書籍サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
新潟ご当地グルメの通販ショップに不正アクセス
カラオケアプリ開発元に不正アクセス - 会員個人情報が流出
メルマガシステムに不正アクセス、顧客情報が流出 - 福岡のカレー店
暗号資産取引所「Liquid」、DNSが改ざん被害 - 本人確認用データなど流出か
「Peatix」に不正アクセス - 最大677万件の個人情報が流出
クラウドに不正アクセス、取引先情報の流出を確認 - 三菱電機
暗号資産取引所でドメインレジストラの登録内容が改ざん被害
サーバに不正アクセス、最大65万件の情報流出か - 東建コーポ