Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正アクセスで虎の門病院サイトが閲覧不能に - 電子カルテに影響なし

虎の門病院や関連医院のウェブサイトが不正アクセスにより閲覧できない状態となっている。原因は明らかにしていないが、電子カルテへの影響については否定している。

国家公務員共済組合連合会によれば、11月11日に不正アクセスを受けたもの。これに起因し、虎の門病院のほか、虎の門病院分院、虎の門病院さいたま診療所、虎の門病院横浜第2合同庁舎診療所などのウェブサイトが11月7日の時点で閲覧できない状態となっている。

電子カルテシステムについては、不正アクセスを受けたウェブサイトと分離しており、電子カルテに記録された患者に関する個人情報の流出については否定している。

同院では原因について調査を進めているが、「現在対応中で詳細がわかっておらず、取材を受けることはできない(同院担当者)」として、コメントは得られなかった。

(Security NEXT - 2020/11/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

不正アクセスでECサイト会員のメアドが流出 - 文具画材店
政府の共通認証サービス「GビズID」に不正アクセス
Gポイントに不正ログイン - ポイント不正交換も
トヨタ子会社のバッテリーメーカーでサイトの改ざん被害
ニトリにPWリスト攻撃、スマホアプリ経由で - 約13万アカウントがログイン許した可能性
食肉通販サイトでクレカ情報流出の可能性 - 調査に約1年
茨城県産業技術イノベーションセンターでサイト改ざん - 不審な英文
不正アクセスでウェブサイトが改ざん被害 - IBS Japan
ランサム被害、リモート接続の脆弱性が侵入口に - ニチリン
懲戒処分の検討契機に別職員による不正アクセスが発覚 - 小竹町