Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SFCへ不正アクセス、個人情報流出の可能性 - 慶大

慶応義塾大学は、不正アクセスを受け、学生や教員の個人情報が外部に流出した可能性があることを明らかにした。

同大湘南藤沢キャンパスが不正アクセスを受けた可能性があるとして調査を進めていたが、情報ネットワークシステムと授業支援システムが不正アクセスを受け、個人情報が流出した可能性があることが判明したもの。

対象となるのは、湘南藤沢キャンパス事務室が管理する情報で、学生に関しては、氏名や同大メールアドレス、所属情報、入学年月日など5088件、学生の顔写真データ1万8636件、学生の履修履歴情報4493件が流出したおそれがある。

また教員については、氏名や、所属、職位、メールアドレス、シラバスシステムにログインするためのパスワードなど2276件のほか、住所193件や、22人に関するメールデータ、職員および委託業者の氏名やメールアドレスなど233件も被害にあった可能性があるという。

またこれ以外にも情報ネットワークシステムと授業支援システムに保存されていた個人情報は、漏洩した可能性について完全に否定できないとしている。

(Security NEXT - 2020/11/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

従業員のメールアカウントに不正アクセス - 日経BP
クラウドストレージでデータ流出や消失被害 - ビルコム
転職支援サイトに不正アクセス - 海外サイトに会員情報
バイト情報サイトから登録者情報が流出 - 転得したとの人物から連絡も
不正アクセスで個人情報が流出、スパム送信も - アイザワ証券子会社
他職員に対して窃盗や不正アクセスした職員を懲戒免職 - 岐阜県
ディップの求人掲載企業に再び不正アクセス - 過去事案と同一犯の可能性
調味料通販サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
通販サイトに不正アクセス、個人情報流出の可能性 - JF全漁連
通販サイトで個人情報流出の可能性、警察の連絡で発覚 - 長崎県物産振興協会