Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

慶大でシステム障害、一部学科で授業開始できず - 不正アクセスか

慶応義塾大学の湘南藤沢キャンパスにおいて、授業支援システムに障害が発生し、10月1日より開始予定だった秋学期の授業に影響が出ている。不正アクセスを受けた可能性があるという。

同大によれば、同キャンパスで使われている授業支援システムで重大なトラブルが発生し、9月29日22時半に停止したという。

履修者の選抜や履修する学生への連絡を取ることができない状態のため、同大総合政策学部、環境情報学部、政策・メディア研究科の設置科目では、10月1日より開始予定だった秋学期の授業について、7日まで休講することを決定した。

外部から不正アクセスを受けた可能性があり、現在調査を進めている。

(Security NEXT - 2020/10/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

東証障害、売買停止後も内部で約定発生 - マニュアル誤記載も
東証のシステム障害、原因は自動切換用の設定
東証、10月2日は通常どおり売買実施
東証のシステム障害、メモリ故障に起因 - フェイルオーバー機能せず
東京証券取引所でシステム障害 - 全銘柄が取引停止に
ランサムウェアに感染、障害が発生 - 経済同友会
キヤノンの写真クラウドサービスで障害 - 画像データ消失
石川と兵庫で電話サービス故障、誤着信など発生 - NTT西
TIS、障害発生したリモートアクセスサービスを終了へ
SMBC日興証券で一時障害 - データセンターで電源ダウン