Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Pマーク事業者による個人情報事故、2019年度は2543件

プライバシーマーク付与事業者における2019年度の個人情報に関する事故報告は2543件だった。前年度からやや増加している。

日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)が、2019年度にプライバシーマーク付与事業者から報告があった個人情報の取り扱いにおける事故について取りまとめたもの。

同年度は985社の付与事業者から2543件の事故報告があった。前年度の912社、2323件からいずれも増加している。付与事業者数に占める事故報告事業者の割合は6%で、前年度の5.6%から微増した。

事故の原因別に見ると、「誤送付」が1513件で全体の59.5%を占める。次いで「紛失」が421件で16.6%だった。

さらに「プログラム、システム、設計、作業ミス」に起因する漏洩が160件、「関係者事務処理、作業ミス」による漏洩が138件、「不正アクセス、不正ログイン」による漏洩が66件で続いた。「システムのバグ(25件)」「ウイルス感染(9件)」といった漏洩の報告も寄せられている。

20201111_ji_001.jpg
事故報告件数の推移(グラフ:JIPDEC)

(Security NEXT - 2020/11/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

デジタルマーケ担当者、半数強が改正個情法の詳細知らず
ランサム攻撃に2割が支払い、4割は復旧できず
SNS利用者の約3割にリスクのある内容の拡散経験
Z世代の7割、スマホアプリでの個人情報登録に抵抗感
改正個人情報保護法へ対応、施行時点で1割強が未対応
PPAPメール、14.4%が受信を禁止 - 今後3割が禁止予定
消費者の7割は利益に関わらず個人情報の提供に慎重 - JIPDEC調査
EC事業者の4社に1社、不正アクセスや不正注文を経験
ECサイトの情報流出被害、4割で1000万円超 - 責任範囲や技術の理解乏しく
2021年の悪質ECサイト報告数、前年の約1.7倍に