Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中国で脆弱性を発見する国際コンテスト - 11製品で脆弱性が明らかに

中国において11月7日、8日と2日間にわたり、セキュリティコンテスト「天府杯(Tianfu Cup)2020」が開催され、多数製品で脆弱性が明らかとなった。脆弱性が判明した製品では、今後修正プログラムのリリースが予想され、注意が必要だ。

同コンテストは、一定のルールのもと、対象製品より脆弱性を発見するもので、競技対象である16製品中、11製品で脆弱性が判明した。また大会では23件のデモが披露されている。

脆弱性が判明した製品を見ると、「Windows 10 2004」「CentOS 8」といったOSをはじめ、「Chrome」「Safari」「FireFox」といった主要ブラウザで発見された。

さらに「Docker-CE」「VMware EXSi」「Qemu」など仮想環境、PDFビューワである「Adobe PDF Reader」、スマートフォン「iOS 14」を搭載した「iPhone 11 Pro」「GalaxyS20」、ルータ製品「TP-Link」「ASUS Router」など身近な製品からも脆弱性が明らかとなっている。

優勝したのは、360 Government Enterprise Security Group Research Instituteで、賞金総額100万ドルのうち、74万4500ドルを獲得した。

すでに脆弱性の対処がはじまっており、Mozilla Foundationでは、「Firefox」において判明した脆弱性へ対処するアップデートをリリースしている。今後、他製品においても同様にアップデートのリリースが見込まれるため、注意が必要となる。

(Security NEXT - 2020/11/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「CentOS 6」がサポート終了 - 影響多大、動作環境ないか確認を
商品の入荷を通知するメールで誤送信 - 化粧品メーカー
Windows Server向け製品に新版、ネットワーク脅威対策を強化 - カスペ
公開情報からネット接続機器を検出、脆弱性を診断するサービス
展示会の案内でメアド流出 - 中部経済新聞社
偽「Amazon」からのSMSに警戒を - 不安煽るさまざまな文面
新コロ被検査者名簿を一時紛失、ドライブスルー検査で飛散 - 名古屋市
公共施設予約システムへの不正ログイン試行で告訴 - 川崎市
10月中旬よりWPプラグイン「File Manager」の探索行為が増加
建築関係者向け書籍サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性