Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

【追記あり】Appleが「iOS 14.2」を公開、脆弱性24件を修正 - 一部に悪用コードも

Appleは、同社スマートデバイス向けに最新OSとなる「iOS 14.2」「iPadOS 14.2」を公開した。一部脆弱性は、すでに悪用の報告を受けているという。

同社は両アップデートを通じて、カーネルに関する脆弱性4件をはじめ、CVEベースであわせて24件の脆弱性を解消した。オーディオ、XMLなどの処理、WebKitなどの脆弱性などへ対応している。

なかでもカーネルに明らかとなった脆弱性「CVE-2020-27932」「CVE-2020-27950」やフォントパーサーにおける脆弱性「CVE-2020-27930」はすでに悪用の報告を受けているという。

また同社は旧端末向けに「iOS 12.4.9」をリリースした。同アップデートでは、「iOS 14.2」で修正したカーネルの脆弱性「CVE-2020-27932」「CVE-2020-27950」や、フォントパーサーの脆弱性「CVE-2020-27930」に対応。

さらに「FaceTime」に明らかとなった「CVE-2020-27929」に対処したという。今回のアップデートを通じて修正された脆弱性は以下のとおり。

CVE-2020-9974
CVE-2020-10002
CVE-2020-10003
CVE-2020-10004
CVE-2020-10010
CVE-2020-10011
CVE-2020-10016
CVE-2020-10017
CVE-2020-13524
CVE-2020-27902
CVE-2020-27905
CVE-2020-27909
CVE-2020-27910
CVE-2020-27911
CVE-2020-27912
CVE-2020-27916
CVE-2020-27917
CVE-2020-27918
CVE-2020-27925
CVE-2020-27926
CVE-2020-27927
CVE-2020-27929
CVE-2020-27930
CVE-2020-27932
CVE-2020-27950

追記のお知らせ:脆弱性の悪用について追記しました

(Security NEXT - 2020/11/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「VMware vCenter Server」の深刻な脆弱性 - 悪用リスク上昇
「VMware vCenter Server」に深刻な脆弱性 - 「VMware ESXi」の脆弱性も
Windows向け「Zscaler Client Connector」に権限昇格の脆弱性
「Cisco Application Services Engine」などに深刻な脆弱性
「Movable Type」にXSSの脆弱性 - アップデートが公開
「Firefox 86」が公開、Cookie対策強化 - 脆弱性12件を修正
SonicWall、VPN製品向けに追加アップデート - すぐに更新を
CiscoのWindows向けVPNクライアントに脆弱性 - 更新を
「Office for Mac」向けにセキュリティ更新 - 脆弱性2件を修正
「BIND 9」にリモートより悪用可能な脆弱性 - アップデートが公開