Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

職員端末が「Emotet」感染、診療系システムには影響なし - 関西医科大

関西医科大学は、職員が利用する端末がマルウェアに感染し、職員を装ったなりすましメールが関係者へ送信されているとして注意を呼びかけている。

同大によれば、職員の一部端末がマルウェア「Emotet」に感染したもので、10月23日以降、職員を装ったメールが送信されているもの。問題のなりすましメールは、同大以外のサーバを通じて、過去に職員とメールでやり取りした関係者宛に送信されているという。

マルウェア感染の判明を受けて、同大では全端末を調査してマルウェアの駆除を実施。同大職員になりすましたメールについて注意喚起を行っている。

また同大関連病院における電子カルテなど診療系システムは、インターネットに接続しない独立したネットワークで運用しているとしており、今回のマルウェア感染における影響は受けないとしている。

(Security NEXT - 2020/11/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

既存サービスを「Emotet」対策として提供 - BBSec
PC2台が「Emotet」感染、顧客情報含むメールが流出 - ひらまつ
「Emotet」だけじゃない - メール返信偽装、PW付zipファイル悪用マルウェアに要警戒
2020年3Qの標的型攻撃メールは9件 - 不審メールの情報提供は15倍、大半「Emotet」
次世代セキュリティ製品の検知回避を狙う「Emotet」
端末36台が「Emotet」感染 - 三協フロンテア
協力会社で「Emotet」感染か、なりすましメール出回る - 大多喜ガス
なりすましメールでEmotet感染、情報流出 - 防犯カメラメーカー
大量スパム配信から「Emotet」に攻撃トレンドがシフト - OS非標準のzip暗号化で検知回避か
セキュリティ相談が1.8倍に - 「Emotet」関連や「不正ログイン」相談が急増