Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

10月のフィッシング報告、過去最高更新 - URLは約17%減

10月も前月同様、フィッシング攻撃に関する報告が多数寄せられており、過去最高を更新した。一方URLは前月より約16.9%減とやや後退している。

フィッシング対策協議会が10月に把握したフィッシング攻撃の状況について取りまとめたもの。

同月に寄せられたフィッシングの報告は2万8727件。大幅な増加によって過去最高となった前月の2万8575件を上回ったものの、152件と小幅な増加にとどまった。

一方、ユニークなURLは5554件。報告と同様、過去最高となった前月の6686件から一転、約16.9%の減少となった。ただし、高い水準にあることは変わりなく、2020年1月の2366件と比較すると2倍以上の件数となっている。

同月に悪用が確認されたブランドは57件。前月から8件増加した。前月は約1年ぶりに40件台となったが、ふたたび50以上のブランドが悪用された。

20201105_ap_001.jpg
フィッシングの報告や利用されたURLの推移(フィ対協の発表をもとに独自に作成)

(Security NEXT - 2020/11/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

フィッシングサイトの8割強がクレカブランドを標的に
フィッシングサイトのURLが過去最多を更新 - 同一IPアドレス上に大量設置
フィッシング悪用ブランド、「au」が世界2位 - 「Emotet」国内活動は7割減
フィッシングサイトの多いブランド、「au」がグローバルで6位に
J-CSIPへの情報提供が約2.6倍に - 過去の受信メールにも注意を
フィッシングURL、1カ月で約4.9万件 - 報告は10万件を突破
フィッシングサイトの約4割が「三菱UFJニコス」を悪用 - 偽NHKにも注意
2Qのインシデント、前期比約1.3倍に - フィッシングやスキャン行為が増加
4割弱の中小企業、改正個情法の内容「知らない」 - 4社に3社は漏洩報告義務把握せず
6月のフィッシングサイト、過去最多を大幅更新 - 同一IPアドレス上で多数稼働