Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

カプコンに不正アクセス - 一部社内システムを停止

カプコンは、外部より不正アクセスを受けたことを明らかにした。社内のネットワークを一時停止しており、メールなどの運用に影響が出ている。

同社によれば、11月2日未明より、同社グループの一部システムでメールシステムやファイルサーバなどにアクセスしづらくなる障害が発生したもの。同社では不正アクセスの痕跡を確認しており、同日より社内ネットワークの稼働を一部停止した。

11月4日の時点で顧客情報の流出は確認されていない。不正アクセスについて調査やシステムの復旧作業を進めているが、具体的な内容についてはコメントできないとしている。

また今回の不正アクセスは、事務に用いるネットワークが影響を受けているもので、同社が提供するゲームのインターネット接続や、ウェブサイトは通常どおり提供している。

(Security NEXT - 2020/11/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

複数小売事業者が利用するECシステムに不正アクセス - 個人情報約15万件に影響か
アカウント2件に不正アクセス、スパム踏み台に - 早稲田システム開発
サーバに不正アクセス、影響の範囲など調査 - 日環センター
ふぐ料理店通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出
加工食品通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出のおそれ
メルアカに不正アクセス、スパム送信の踏み台に - 神戸海星女子学院大
医療機器販売の八神製作所、サーバがランサム被害
医師のクラウドアカウントに不正アクセス - 愛知県がんセンター
不正アクセスで食堂車予約客などの個人情報が流出した可能性 - 明知鉄道
たち吉の陶磁器通販サイトでクレカ情報流出の可能性