Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

講談社主催の女性アイドルオーディションでメアドが流出

講談社は、同社が主催する女性アイドルオーディション「ミスiD」の参加者に関するメールアドレスが流出したことを明らかにした。

同社によれば、10月26日15時半ごろ、オーディションを共同運営するFoggのコミュニケーションサービス「CHEERZ」担当者が、オーディション参加者へメールを送った際、誤って参加者のうち40人のメールアドレスを送信したもの。

対象となる参加者に対し、担当者がメールで謝罪。あわせて、誤送信したメールの削除を依頼している。

(Security NEXT - 2020/11/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

政府行政ポータル「e-Gov」で個人情報が流出 - リニューアル後に複数不具合
法人パートナー向けサイトでアカウント情報が流出か - パナソニック関連会社
新型コロナ宿泊療養者の個人情報を誤送信 - 山口県
非公開情報をメールに添付して誤送信 - 総務省
名刺交換機能に不具合、名刺情報が流出 - 東京ビッグサイト
商品の入荷を通知するメールで誤送信 - 化粧品メーカー
展示会の案内でメアド流出 - 中部経済新聞社
建築関係者向け書籍サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
クラファン支援者の個人情報が閲覧可能に - 関東大学バレーボール連盟
案内メールに他顧客の情報、リスト作成時にミス - モリサワ