Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートで修正

Adobe Systemsは、「Windows」および「macOS」向けに「Adobe Acrobat」「Adobe Reader」のセキュリティアップデートをリリースした。

今回のアップデートは、あわせて14件の脆弱性に対処したもの。重要度が3段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とされる脆弱性4件が含まれる。

具体的には、ヒープバッファオーバーフローの脆弱性「CVE-2020-24435」や、域外メモリへの書き込み「CVE-2020-24436」、解放後のメモリを使用するいわゆる「Use After Free」の脆弱性「CVE-2020-24430」「CVE-2020-24437」を修正した。

重要度が次に高い「重要(Important)」とされる脆弱性6件や、さらに1段階低い「中(Moderate)」の脆弱性4件についても対応している。いずれの脆弱性も悪用は確認されていないという。

同社は、「Continuousトラック」向けに脆弱性を解消したアップデート「同2020.013.20064」を提供。あわせて「Classicトラック」向けに「同2020.001.30010」「同2017.011.30180」をリリースした。

適用優先度は、事前予告と同じくいずれも3段階中2番目にあたる「2」とレーティングしており、30日以内を目安にアップデートを実施するよう呼びかけている。今回修正された脆弱性は以下のとおり。

CVE-2020-24426
CVE-2020-24427
CVE-2020-24428
CVE-2020-24429
CVE-2020-24430
CVE-2020-24431
CVE-2020-24432
CVE-2020-24433
CVE-2020-24434
CVE-2020-24435
CVE-2020-24436
CVE-2020-24437
CVE-2020-24438
CVE-2020-24439

(Security NEXT - 2020/11/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

公開情報からネット接続機器を検出、脆弱性を診断するサービス
10月中旬よりWPプラグイン「File Manager」の探索行為が増加
NETGEAR製スイッチの管理画面にCSRFの脆弱性
「JetBrains ToolBox」に深刻な脆弱性 - 開発者とNVDでわかれる評価
LINEで意図に反する大量の「グループ招待」「友だち追加」 - バグ検証から拡大か
「Drupal」にRCE脆弱性 - アップロードされたファイルの確認も
エプソン製品のインストーラに脆弱性 - 最新版の利用を
VMwareのアクセス管理製品に深刻な脆弱性 - パッチは準備中
「ウイルスバスター for Mac」旧版に複数脆弱性
Google、「Chrome 87」で33件のセキュリティに関する修正を実施