Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

物件資料データ送信時に顧客情報を誤送信 - 近鉄不動産

近鉄不動産は、顧客に物件資料データを送信する際、誤ってほかの顧客の個人情報を含むデータを送信したことを明らかにした。

同社によれば、9月15日に従業員が顧客1人に物件資料データを送信した際、他顧客の個人情報を含むデータを送信したもの。

誤って送信したのは、当社の仲介で不動産取引をした顧客18人に関する不動産売買契約書、重要事項説明書、身分証明書、決済案内など。氏名や住所、生年月日、物件所在地などが含まれる。

同社では対象となる顧客に対し説明と謝罪を行った。また国土交通省に事故の報告を行っている。

また再発の防止に向け、教育の徹底や管理体制の強化を進め、個人情報を扱うシステムや運用などを見直しを図るとしている。

(Security NEXT - 2020/11/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ワクチン大規模接種案内メールを「CC」送信 - 恵那市
学童保育所で個人情報含むメールを保護者に誤送信 - 八千代市
報道機関にコロナ陽性者資料を誤ファックス - 長野県
県立高オープンキャンパス申込者のメールアドレスが流出 - 奈良県
スキー学校の案内でメールアドレスが流出 - 札幌のスキー場
転送ミスで支援センター利用者のメールアドレスなど流出 - 西東京商工会
新型コロナの疫学調査資料を別事業所へ誤送信 - 宮崎市
委託先が研修案内メールを誤送信、メアド流出 - 鳥取県
東京武道館の予約案内メールを「CC」送信 - 東京都スポーツ文化事業団
一部商品購入者のメールアドレスが流出 - チーズケーキ専門店