Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

イエラエ、Orca製パブクラセキュ管理サービスを開始 - コンテナやサーバレスにも対応

イエラエセキュリティは、パブリッククラウドの利用者向けに「3大クラウドセキュリティ一元管理サービス」を提供開始する。

同サービスは、パブリッククラウドにおける資産やセキュリティ状況をダッシュボードより一元管理できるSaaS型サービス。イスラエルのOrca Securityと国内初となる代理店契約を締結し、国内に向けてサービスを展開する。

「Amazon Web Services」「Microsoft Azure」「Google Cloud Platform」に対応。停止中のインスタンスのほか、Lambda、DynamoDBなどサーバレス環境や、コンテナなどにも対応する。

データボリュームのスナップショットを仮想的に再構築し、読み取り権限によってOSやソフトウェアの脆弱性、設定ミス、マルウェアの感染状況などスキャンすることが可能。検知したセキュリティリスクについては4段階で評価し、アラートを発行する。マルウェアの感染経路など、アラートに対する分析などもオプションにて支援する。

1年間あたりのサブスクリプション価格は、1インスタンスあたり6万円から(税別)。別途、導入や運用の支援なども提供する。

(Security NEXT - 2020/10/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サイバー攻撃やセキュリティ対策の体験施設 - 日本情報通信
パロアルト、「PAN-OS」に新版 - Advanced WildFireなど新機能
セキュア開発が学べる無料オンラインコンテンツ - Linux Foundation
ビルシステムのセキュリティ対策カタログをリリース - CSSC
シングルページアプリの脆弱性診断サービスを開始 - Flatt Security
インフラ事業者対象に脆弱性や情報漏洩のチェックサービス
CSIRTの業務支援サービスを開始、フォレンジック調査も - MIND
複数テナント管理やSBOM読込に対応した脆弱性管理ツール
EGセキュア、クラウド型WAFサービスを提供 - CMS向け設定や国別フィルタも
ウェブアプリやクラウドの診断サービスを開始 - アシュアード