Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

DNSサーバ「PowerDNS Recursor」にサービス拒否の脆弱性

蘭PowerDNS.COMが提供するキャッシュDNSサーバ「PowerDNS Recursor」に脆弱性が判明した。関係機関なども注意を呼びかけている。

キャッシュ汚染の脆弱性「CVE-2020-25829」が明らかとなったもの。細工したDNSクエリによりDNSSECにおける「検証エラー」を発生させ、キャッシュされた情報を不正な情報と認識させることでサービス拒否を引き起こすことが可能になるという。

同社では、脆弱性の重要度を「高(High)」と評価。米国立標準技術研究所(NIST)の脆弱性データベース「NVD」による共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアは「7.5」とレーティングされている。

同社では、脆弱性を解消したアップデート「同4.3.5」「同4.2.5」「同4.1.18」をリリースした。また脆弱性の判明を受け、日本レジストリサービス(JPRS)など関係機関では注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/10/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

米英豪、悪用多い脆弱性トップ30件を公表 - 早急に修正を
PEARライブラリ「Archive_Tar」に脆弱性 - 「Drupal」などにも影響
「Chrome 92」で35件のセキュリティ修正
Oracle、四半期定例パッチを公開 - 脆弱性のべ342件を修正
「Windows」に権限昇格のゼロデイ脆弱性 - MSが詳細を調査
Linuxカーネルにroot権限を取得できる脆弱性 - 1Gバイト超のパス長処理で
「Citrix ADC」や「Citrix Gateway」に複数脆弱性 - 認証回避のおそれ
Adobeの複数製品に深刻な脆弱性 - 定例外でパッチ公開
「FortiManager」「FortiAnalyzer」に脆弱性 - root権限でコード実行のおそれ
Apple、macOSやスマートデバイス向けにセキュリティ更新