Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

大量スパム配信から「Emotet」に攻撃トレンドがシフト - OS非標準のzip暗号化で検知回避か

4月以降、迷惑メールの増加傾向が観測されている。特に7月は4月の200倍のメールが観測された。その一方で9月後半に迷惑メールの攻撃は静まり、「Emotet」に攻撃トレンドがシフトしたという。

インターネットイニシアティブが同社において2020年第3四半期に観測した迷惑メールやマルウェアの状況を取りまとめたもの。

前四半期も5月から6月にかけて増加傾向が見られ、4月の平均的な流通量を1とした場合、6月後半に約80倍近い流通量を観測していた。

しかし、7月の攻撃規模はさらにこれを上回るもので、7月の1カ月間だけで、4月から6月までの3カ月分に相当する迷惑メールを観測。特に7月末に見られた大規模な攻撃では、4月の平均的な流通量に対して約200倍にあたる迷惑メールを観測したという。

これらメールの多くは、無差別に送り付けるいわゆる「出会い系」で、その後も大量の迷惑メールが出回ったが、一転9月後半に入ると4月以前の水準へと落ち着いたという。

20201026_ii_001.jpg
迷惑メールの観測量(グラフ:IIJ)

(Security NEXT - 2020/10/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

フィッシングやなりすましメールをテーマとしたオンラインイベント - JPAAWG
衰え見せぬフィッシング攻撃 - 報告、URLともに最多記録を更新
2020年1Qセキュ相談、4.8%減 - 「不正ログイン」などの相談は増加
2019年4Qのセキュリティ相談、7.6%増 - IPAまとめ
2019年3Qのセキュリティ相談、1年ぶりに3000件以下に
フィッシング報告、5000件超で過去最多 - URL件数も高水準
セキュリティ相談、2019年2Qは微減 - 宅配業者偽装SMSは増加
フィッシングURLが最多記録を更新 - 報告やブランド悪用被害も増加
セキュリティ相談24.4%減 - 「偽警告」関連の相談は増加
「M3AAWG」の国内リージョン「JPAAWG」が発足 - メールやメッセージングのセキュリティを検討