Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

新潟県で偽国勢調査員による「かたり調査」が発生

新潟県において、国勢調査の調査員を装って個人情報を聞き出そうとするいわゆる「かたり調査」が確認されたとして、同県では注意を呼びかけている。

同県によれば、「同市から国勢調査の委託を受けている」などとして関係者を装い、情報を聞き出そうと見られるケースが確認されたもの。

10月22日に柏崎市で確認されたケースでは、電話を受けた世帯では回答済みであり、そのように伝えたにも関わらず、「簡単な内容なのでお願いします」「本日9時に家に行くので調査票を一緒に書きましょう」などと訪問をほのめかしたという。

同ケースでは、指定日時に訪問者はなく、調査票や個人情報が詐取される被害は発生しなかったが、同県では調査員を装って個人情報を聞き出そうとする「かたり調査」の可能性があるとして警戒を強めている。

国勢調査の調査期間は終了しており、調査員が世帯を訪問することはなく、クレジットカード番号やマイナンバー、銀行口座、年収、預金額などの個人情報を聞くこともないと説明。不審な調査活動に気づいた場合は、同県や市町村に連絡するよう求めている。

(Security NEXT - 2020/10/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

他自治体職員のなりすまし電話にだまされ個人情報を漏洩 - 鹿児島市
第三者が子会社従業員になりすまし不正アクセス - スカパーJSAT
マルウェア感染でなりすましメールが送信 - 不動産仲介会社
PC3台が「Emotet」に感染、情報流出の可能性 - システム開発会社
マルウェア感染、9分後に遮断するも情報流出の疑い - 小学館集英社プロ
漁協直売店で「Emotet」感染 - 通販サイトのメールが流出
厚労省の委託先で「Emotet」感染 - メールなどが端末から流出
看護関係者向けサイトへのPWリスト攻撃、調査結果が明らかに - 試行回数は6882万件
約800自治体が採用する電子申請のヘルプデスクがEmotet感染
高齢者支援施設名乗る不審メール出回るもマルウェア感染確認されず - 仙台市