Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Java SE」のアップデートが公開、脆弱性8件を解消

Oracleは、定例パッチ「クリティカルパッチアップデート(CPU)」にて「Java SE」のアップデートを実施し、脆弱性8件を修正した。

バージョンによって影響を受ける脆弱性は異なるが、今回のアップデートでは、あわせて8件に対応した。いずれもリモートより悪用されるおそれがある。

共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」におけるベーススコアを見ると、もっとも高い脆弱性「CVE-2020-14803」においても「5.3」とされており、他脆弱性はいずれも「5」未満となっている。

同社は、脆弱性に対処した「Java SE 15.0.1」「同11.0.9」「同8u271」「同7u281」をリリース。利用者へアップデートを呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/10/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Microsoft Streaming Service」の脆弱性に対する攻撃に注意
Ivanti、「外部整合性チェックツールICT」の機能強化版を公開
Ivanti製品の侵害、以前のツールでは検証回避のおそれ
「Trend Micro」の複数製品に脆弱性 - アップデートで修正
Progress Softwareの「OpenEdge」に認証バイパスの脆弱性
Cisco、セキュリティアドバイザリ5件を公開 - DoS脆弱性などに対応
脅威情報共有プラットフォーム「MISP」に脆弱性 - 最新版へ更新を
ブラウザ「Chrome」にアップデート - セキュリティに関する4件の修正
「baserCMS」に脆弱性 - アップデートで修正を実施
「VMware Workstation」「Fusion」にセキュリティアップデート