Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

エポック社の通販ショップで個人情報が流出 - メールプログラムに不具合

エポック社が運営する通信販売サイト「シルバニアファミリーファンクラブオンラインショップ」において不具合があり、一部顧客の個人情報が流出したことがわかった。

同社によると、10月13日にシステムのメインテナンスを実施し、改修を行ったが、プログラムに不具合があり、商品の発送を通知するメールに関係ない別の顧客情報が追加される状態となった。

具体的には、商品発送の完了を知らせるメール29件を同じタイミングで送信したところ、対象である顧客29件の氏名や発送先の住所、電話番号、メールアドレス、注文内容、荷物の問い合わせ番号などが記載されたという。

問題の判明を受けて同社では、同日にオンラインショップを停止。関連する顧客へ連絡を取り、メールの削除を依頼した。

原因となったプログラムについては修正を終えたとして、10月20日よりサービスを再開。チェック体制の強化を図り、再発を防止したいとしている。

(Security NEXT - 2020/10/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人向け通販「LOHACO」で不具合 - 発送メールなどに他人の個人情報
総務省、「通信の秘密」漏洩でIIJに行政指導 - 2020年3月以降に6件
個人情報誤表示、1647人に影響 - 山口県クラファンサイト
山口県のクラファンサイトで個人情報を誤表示 - CDNで意図せぬキャッシュ
セミナー参加者情報含む資料をメールに誤添付 - 佐賀県
市教委職員の受信メールが無関係アドレスに自動転送 - 輪島市
同報配信システムで「CC」初期化されず誤送信に - 京大
サイトで他会員情報を誤表示、削除依頼メールで誤送信も - 洋菓子通販店
IIJmioの一部アプリで他ユーザー情報を誤表示
システム不具合でメールアドレスが宛先に - エポック社関連サイト