Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Linuxに脆弱性「BleedingTooth」が判明 - 近接環境からコード実行のおそれ

一方、脆弱性「CVE-2020-24490」は、ヒープベースのバッファオーバーフローに起因する脆弱性で「Bluetooth 5」のチップを搭載した環境に影響。任意のコードを実行されたり、サービス拒否が生じるおそれがあるという。

また「CVE-2020-12352」では、カーネルにおける「KASLR(Kernel Address Space Layout Randomization)」の環境下においてメモリ配置が予測され、暗号化キーをはじめとする情報が漏洩するおそれがある。

共通脆弱性評価システム「CVSSv3」のベーススコアは、もっとも高い「CVE-2020-12351」において「8.3」、重要度は「高(High)」とレーティングされており、残る2件については「5.3」で「中(Midium)」と評価されている。

Intelは、各脆弱性について「Linux Kernel 5.10」より以前のバージョンに影響があるとしており、同バージョン以降へアップデートするよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/10/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カスペルスキーのVPN製品に権限昇格の脆弱性
「Apache CloudStack」のSAML認証プラグインに深刻な脆弱性
F5、8月のセキュリティパッチを公開 - 「BIG-IP」などの脆弱性に対処
スモールビジネス向けCisco製ルータに深刻な脆弱性 - 遠隔よりコードを実行されるおそれ
「Cloudflare Zero Trust」にセキュリティ機能バイパスのおそれ
機密情報管理のHashiCorp製「Vault」に脆弱性 - データ消失のおそれ
Google、「Chrome 104」をリリース - セキュリティに関する27件の修正を実施
VMwareのID管理製品に再び深刻な脆弱性 - 早急に更新の実施を
「GnuTLS」に脆弱性 - アップデートがリリース
ニンテンドーのWi-Fiアダプタに2件の脆弱性 - 利用中止を