Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Linuxに脆弱性「BleedingTooth」が判明 - 近接環境からコード実行のおそれ

Linuxで採用されているBluetoothプロトコルスタック「BlueZ」に脆弱性「BleedingTooth」が含まれていることがわかった。アップデートが呼びかけられている。

バージョンによって影響を受ける脆弱性は異なるが、Bluetoothで通信可能な範囲から認証なしに悪用されるおそれがある3件の脆弱性が明らかとなったもの。

Googleのセキュリティ研究者であるAndy Nguyen氏が報告したもので、脆弱性は「BleedingTooth」と名付けられており、実証コード(PoC)も公開されている。いずれもソフトウェアに起因するだけでなく、悪意あるBluetoothチップにおいても悪用されるおそれがあるという。

「型の取り違え」に起因する脆弱性「CVE-2020-12351」は、カーネルの権限による任意のコード実行やサービス拒否などを引き起こすことが可能となる脆弱性。

「L2CAP(Logical Link Control and Adaptation Protocol)」のパケットを送りつけることで悪用が可能。攻撃には対象機器の「BDアドレス」を把握する必要があるとしている。

(Security NEXT - 2020/10/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

PEARライブラリ「Archive_Tar」に脆弱性 - 「Drupal」などにも影響
「Chrome 92」で35件のセキュリティ修正
Oracle、四半期定例パッチを公開 - 脆弱性のべ342件を修正
「Windows」に権限昇格のゼロデイ脆弱性 - MSが詳細を調査
Linuxカーネルにroot権限を取得できる脆弱性 - 1Gバイト超のパス長処理で
「Citrix ADC」や「Citrix Gateway」に複数脆弱性 - 認証回避のおそれ
Adobeの複数製品に深刻な脆弱性 - 定例外でパッチ公開
「FortiManager」「FortiAnalyzer」に脆弱性 - root権限でコード実行のおそれ
Apple、macOSやスマートデバイス向けにセキュリティ更新
Windowsの「ポイントアンドプリント」にゼロデイ脆弱性 - PoC公開済み