Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Windowsに危険度高い脆弱性「Bad Neighbor」 - ワーム発生に要警戒

McAfeeの研究者は、同脆弱性をエクスプロイトで利用する場合、メモリリークや情報漏洩など別の脆弱性を必要とする可能性もあるが、近いうちに悪用されることが予見されるという。

マイクロソフトでも、「CVE-2020-16898」の悪用可能性指標について、3段階中もっとも高い「1(悪用される可能性が高い)」とレーティングしている。

マイクロソフトはアドバイザリで、「ICMPv6 RDNSS」の無効化といった緩和策を紹介しつつも、緩和策を適用した環境であっても更新プログラムが利用可能となり次第、できるだけ早く更新プログラムをインストールするよう強く推奨している。

また「Windows TCP/IPスタック」における「ICMPv6ルータアドバタイズパケット」の処理に関しては、サービス拒否の脆弱性「CVE-2020-16899」についても、10月の月例パッチで修正されており、あわせて注意したい。

(Security NEXT - 2020/10/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

脆弱性「FragAttacks」が判明 - ほぼすべてのWi-Fi機器に影響
「WordPress 5.7.2」が公開 - 1件のセキュリティ修正
「PHPMailer」に深刻な脆弱性 - 過去修正済みの脆弱性が再発
MS、5月の月例パッチで脆弱性55件を修正 - 3件が公開済み
「EC-CUBE」の無償診断サービスが緊急脆弱性に対応 - 痕跡調査も
「Citrix Workspace App」に権限昇格の脆弱性 - アップデートを公開
Adobe、13製品向けにセキュリティアップデートを公開
「Adobe Experience Manager」に深刻な脆弱性
「Adobe Experience Manager」に6件の脆弱性 - 修正版が公開
eコマースプラットフォーム「Magento」にセキュリティアップデート