Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SAP、定例パッチをリリース - CVSS最高値の脆弱性を修正

SAPは、セキュリティアップデートをリリースし、あらたに22件の脆弱性を修正した。深刻な脆弱性も含まれる。

定例更新として、複数製品向けにセキュリティアップデートをリリースしたもの。コードインジェクションやクロスサイトスクリプティング(XSS)、情報漏洩、認証不備など、22件の脆弱性へ対処した。過去にリリースした6件の脆弱性情報に関しても更新している。

今回のアップデートにおいて、もっとも深刻とされる脆弱性は、「CA Introscope Enterprise Manager」に明らかとなったOSコマンドインジェクションの脆弱性「CVE-2020-6364」。共通脆弱性評価システム「CVSSv3」において、ベーススコアが最高値となる「10」と評価されており、同社は適用優先度を「Hot News」として、早急な対応を求めている。

次に「CVSSv3」のベーススコアが高かったのは、「SAP NetWeaver Composite Application Framework」におけるクロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性「CVE-2020-6367」で「8.2」とされており、適用優先度は「高(High)」とレーティングされている。

また「CVSSv3」のベーススコアが「9.8」とされる4月に公開した「SAP Business Client」に関する脆弱性をはじめ、すでにリリース済みの脆弱性についても情報を更新し、注意を呼びかけている。

今回あらたに修正された脆弱性は以下のとおり。

CVE-2020-6272
CVE-2020-6308
CVE-2020-6315
CVE-2020-6319
CVE-2020-6323
CVE-2020-6362
CVE-2020-6363
CVE-2020-6364
CVE-2020-6365
CVE-2020-6366
CVE-2020-6367
CVE-2020-6368
CVE-2020-6369
CVE-2020-6370
CVE-2020-6371
CVE-2020-6372
CVE-2020-6373
CVE-2020-6374
CVE-2020-6375
CVE-2020-6376
CVE-2020-15588
CVE-2020-24397

(Security NEXT - 2020/10/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

SAP、1月の月例パッチをリリース - 深刻な脆弱性へ対処
「Apache Tomcat」にソースコード漏洩のおそれ - 11月更新版で修正済み
トレンドの法人向けエンドポイント製品に複数脆弱性 - CVSS値が最高値の脆弱性も
ウェブアプリ脆弱性診断ツールにSSRF検査機能追加 - ビットフォレスト
Adobeがアップデートを公開 - 7製品に脆弱性
MS、2021年最初の月例セキュリティパッチを公開 - 一部で悪用も
「SKYSEA Client View」のインストーラに脆弱性 - 最新版の利用を
「Microsoft Edge 87.0.664.75」がリリース - 脆弱性13件を修正
脆弱性に対処した「Thunderbird 78.6.1」をリリース
PHPにセキュリティ更新 - 「PHP 7.4.14」「同7.3.26」が公開