Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

金融業界の横断的演習「Delta Wall V」を実施 - 金融庁

金融庁は、「金融業界横断的なサイバーセキュリティ演習(Delta Wall V)」を実施する。

新型コロナウイルス感染症への便乗やテレワーク環境を狙ったサイバー攻撃が発生している上、資金移動業者の決済サービスにおける不正チャージなども確認されていることから、金融業界全体でインシデントに対する対応能力の底上げを図るため実施するもの。

「Delta Wall」は、「自助」「共助」「公助」という3視点と防御を表す「Wall」から名付けたもので、業界横断的な演習として2016年度より実施しており、今回で5回目。10月14日から21日まで6日間の日程で実施し、約110の金融機関が参加する見込み。

インシデント発生時におけるエスカレーションや経営層の意思決定など組織内の対応はもちろん、顧客対応や組織外部との連携についても実効性を確認する。

またテレワーク環境下での対応能力向上も目指しており、参加金融機関は実際のテレワーク環境下より演習に参加。演習結果は、業界全体にフィードバックしていく。

(Security NEXT - 2020/10/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「mijicaカード」不正送金、被害者のいずれも不正ログイン被害か
ゆうちょ銀「mijicaサイト」で不正ログインか - 一部で機械的な画面遷移
顧客情報記載の書類が所在不明、誤廃棄の可能性 - 埼玉県信金
8割超のユーザーがパスワードを使い回し - 「忘れてしまう」「面倒」
決済サービス連携で2017年7月以降380件約6000万円の被害申告 - ゆうちょ銀
なりすまし不正口座開設、写真なし証明書を悪用 - 筆跡が酷似
ゆうちょ銀「mijicaカード」で約332万円の不正送金被害 - 54人から不正カードに
SBI証券で偽口座宛に約1億円の不正出金 - PWリスト攻撃増加、警戒中に発覚
「ドコモ口座」被害は66件、約1821万円 - 全額補償の方針
「ドコモ口座」経由で金融機関口座から不正引出 - 約1000万円の被害