Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

金融業界の横断的演習「Delta Wall V」を実施 - 金融庁

金融庁は、「金融業界横断的なサイバーセキュリティ演習(Delta Wall V)」を実施する。

新型コロナウイルス感染症への便乗やテレワーク環境を狙ったサイバー攻撃が発生している上、資金移動業者の決済サービスにおける不正チャージなども確認されていることから、金融業界全体でインシデントに対する対応能力の底上げを図るため実施するもの。

「Delta Wall」は、「自助」「共助」「公助」という3視点と防御を表す「Wall」から名付けたもので、業界横断的な演習として2016年度より実施しており、今回で5回目。10月14日から21日まで6日間の日程で実施し、約110の金融機関が参加する見込み。

インシデント発生時におけるエスカレーションや経営層の意思決定など組織内の対応はもちろん、顧客対応や組織外部との連携についても実効性を確認する。

またテレワーク環境下での対応能力向上も目指しており、参加金融機関は実際のテレワーク環境下より演習に参加。演習結果は、業界全体にフィードバックしていく。

(Security NEXT - 2020/10/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

J-CSIP、標的型攻撃情報29件を共有 - FAX起点とするBECも
2021年の不正アクセス認知は1516件 - 前年から約46%減
不正送金マルウェアの検知数が大きく減少
2021年のサイバー犯罪検挙数は1万2275件 - 前年比25%増
悪意あるファイルの検知、前年比5.7%増 - 1日平均約38万件
2021年3Qのネットバンク不正送金件数、前四半期の3倍超に
2021年2Qの不正送金 - 件数大幅減となるも被害額は微増
2021年上半期の不正送金は376件 - 半数以上がOTP利用も被害
マルウェア「QakBot」の検知が増加 - 窃取メールを悪用か
モバイルアプリ向けに不正検知SDKを提供 - セキュアブレイン