Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Office 2010」がサポート終了に - 利用環境の確認を

米時間10月13日に「Office 2010」「Office 2016 for Mac」のサポートが終了する。同日以降は脆弱性が修正されなくなるため、注意が必要だ。

10月の米時間第2火曜日、いわゆる「パッチチューズデー」である10月13日を最後に、「Office 2010」では約10年間にわたり提供されてきたサポートを終了。macOS向けに提供されている「Office 2016 for Mac」に関しては、延長サポートの提供がないため、2015年の発売から約5年で製品のライフサイクルを終える。

また2020年1月14日からサポート期間が延長されていた「Exchange Server 2010」なども同日にサポートが終了となる見込みだ。

マイクロソフトやセキュリティ機関では、サポート中の製品やサブスクリプションサービス「Microsoft 365」へ移行するよう呼びかけている。2020年10月13日にサポートが終了となる製品は以下のとおり。

Access 2010
Dynamics GP 2010
Excel 2010
Excel Mobile 2010
Exchange Server 2010
FAST Search Server 2010
Groove Server 2010
Office 2010
OneNote 2010
PowerPoint 2010
Project 2010
Publisher 2010
Search Server 2010
System Center Data Protection Manager 2010
System Center Essentials 2010
Visio 2010
Word 2010
Windows Embedded Standard 7
Office 2016 for Mac
Excel 2016 for Mac
Outlook 2016 for Mac
PowerPoint 2016 for Mac
Word 2016 for Mac

(Security NEXT - 2020/10/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Oracle、四半期ごと定例アップデートを公開 - 脆弱性202件に対応
小規模向けの一部Cisco製ルータに深刻な脆弱性 - 更新予定なく利用中止を
「Firefox」に深刻な脆弱性 - Android版にも影響
Veritas製バックアップ製品に脆弱性 - 他社類似脆弱性にも注意
最新版「CentOS 8」も2021年末でサポート終了 - 大幅方針転換で混乱も
Lenovo製ソフトウェア「PC Manager」に権限昇格の脆弱性
ソリトン製ファイル転送アプライアンスに脆弱性 - 早急に対応を
さよなら「Adobe Flash Player」 - 2020年末でサポート終了
「CentOS 6」がサポート終了 - 影響多大、動作環境ないか確認を
Google、「Chrome 87」で33件のセキュリティに関する修正を実施