Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

複数のエレコム製無線LANルータに脆弱性

エレコムが提供する複数の無線LANルータ製品にOSコマンドインジェクションの脆弱性が含まれていることがわかった。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、「WRC-2533GST2」「WRC-1900GST2」「WRC-1750GST2」「WRC-1167GST2」において、管理画面に「OSコマンド」の実行が可能となる脆弱性「CVE-2020-5634」が明らかとなったもの。

管理画面にアクセス可能な場合、認証なしにroot権限で任意のコードを実行されるおそれがある。共通脆弱性評価システムである「CVSSv3」において、ベーススコアは「8.8」と評価されている。

同脆弱性は、ゼロゼロワンの佐藤勝彦氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告したもので、JPCERTコーディネーションセンターが調整を実施した。

脆弱性の判明を受けて、エレコムでは最新のファームウェアをリリース。自動更新を利用していない場合は手動でアップデートを実施するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/10/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Fortinetの「FortiOS」に複数脆弱性 - 重要度は「中」
「MS Edge」がゼロデイ脆弱性を解消 - 前版ベースに急遽対応
外部アプリより利用する「OpenSSL」の一部関数にDoS脆弱性
「Chrome」にアップデート - 今月3度目のゼロデイ脆弱性修正
Aruba製アクセスポイントに深刻な脆弱性 - アップデートを
悪用脆弱性リストにMS月例パッチで報告された2件を追加 - 米当局
「Cisco Crosswork NSO」など複数製品の脆弱性に対応 - Cisco
「Junos OS」に実装される「OpenSSH」の脆弱性について説明 - Juniper
ヘッドレスCMS「Cockpit」に任意のファイルをアップロードできる脆弱性
Fortinet、アドバイザリ18件を公開 - 複数製品の脆弱性に対応