Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

複数端末が「Emotet」感染、なりすましメール送信 - ニッセイコム

日立製作所のグループ企業で情報通信機器の販売などを手がけるニッセイコムは、同社で利用する複数の端末がマルウェアに感染し、同社を装ったなりすましメールが送信されているとして注意を呼びかけた。

同社によれば、9月17日に同社の情報システム部門へ不審なメールが届いたと従業員から連絡があり、問題のメールを調査したところ、マルウェア「Emotet」に感染した可能性が高いことがわかった。

過去にメールを送受信した相手に対し、同社従業員を装ったメールが同社とは無関係の外部メールサーバより送信されており、翌18日に社内にあるすべてのパソコンを調査したところ、数台が感染していることが明らかとなった。

同社は、同社従業員を名乗るメールを受信した場合は、「なりすましメール」ではないか確認し、「なりすましメール」については添付ファイルなどを開かず、メールごと削除するよう求めている。

(Security NEXT - 2020/09/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

JNSAが選ぶ2020年10大ニュース、気になる1位は……
活動再開「Emotet」、1000社以上で観測 - 発見遅らせる機能強化も
12月21日より「Emotet」感染メール増加 - あらためて警戒を
コロナ禍ではじめて迎える冬期長期休暇 - あらためてセキュ対策の確認を
既存サービスを「Emotet」対策として提供 - BBSec
PC2台が「Emotet」感染、顧客情報含むメールが流出 - ひらまつ
「Emotet」だけじゃない - メール返信偽装、PW付zipファイル悪用マルウェアに要警戒
職員端末が「Emotet」感染、診療系システムには影響なし - 関西医科大
2020年3Qの標的型攻撃メールは9件 - 不審メールの情報提供は15倍、大半「Emotet」
次世代セキュリティ製品の検知回避を狙う「Emotet」